TOEIC955点スキーヤーサトシ

元パタゴニア店員が選ぶ!本当に使いやすいパタゴニアウェアまとめ!

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(※以前パタゴニアで働いていた筆者が「自分で購入・着用し続けているパタゴニア製品」の中から特におすすめなものをピックアップしています。)(※2017年11月11日追記・修正)


今回は、パタゴニアで働いていた時期に自分で購入し、いまでも愛用しているパタゴニアウェアをまとめて紹介したいと思います。



オススメトップ5位を順番に紹介しています。少し長くなるので、上位が気になる場合は目次のリンクから記事下の方へ一気にお飛びください。


ちなみにこんな記事もあります

惜しくもランク外の製品はコチラ!





ではここから本番スタート!

パタゴニアウェアとは

パタゴニアには大きく分けて

①テクニカルウェア=山や川などフィールドで使用することを主な目的とするウェア
f:id:otamaki:20160930021159j:plain:w500




②スポーツウェア=フィールド以外での生活で使用することを主な目的とするウェア
f:id:otamaki:20160930021216j:plain:w500


の二種類があります。


元パタゴニア店員が選ぶ本当に使いやすいパタゴニアウェア

第5位:アルパインフーディニパンツ【超軽量の防水パンツ】


f:id:otamaki:20170312153100j:plain:w500

すばやくはけるプルオン式で、悪天候対策として携帯するのに最適な、風や雨を弾く超軽量パンツ。ブルーサインの認証済み
引用:http://www.patagonia.jp/

このアルパインフーディニパンツのオススメポイントは2つ


【オススメポイント】

  • 超軽量の防水パンツ(153gと超軽量)
  • 悪天候対策として携帯出来る(小さくたたんでカラビナで携帯可能)


153gがどのくらい軽いかというと、単一電池約一本分の重さです
f:id:otamaki:20170312154341j:plain:w500



どのくらい小さく畳み込めるかというと

f:id:otamaki:20170312152926j:plain:w500
手のひらサイズ。カラビナ用のループもついています



元はクライミング用の防水パンツということもあり、シルエットはすっきりと細めです

f:id:otamaki:20170312153100j:plain:w500
(細め)前から



f:id:otamaki:20170312153119j:plain:w500
(細め)後ろから


【まとめ】

山などのフィールドで使用するテクニカルウェアにおいて、軽い小さくなることは正義です。
色々なレインパンツがあり、このページをご覧の皆様も迷われていると思います。

僕は、このアルパインフーディニパンツをオススメします。検討材料の一つにしていただければ嬉しいです!



第4位:M10ジャケット【パタゴニアハードシェル最軽量の防水ジャケット】



パタゴニアのハードシェル製品の中で最軽量の3層構造素材を使用し、高度な登攀でミニマリズムと効率性を実証するジャケット。重量とプロテクションのバランスの模範

このM10ジャケットのオススメポイントは5つ



【超オススメポイント】

  • 軽い(ハードシェル最軽量の266g)
  • やわらかい(H2NO素材を使用しており、ゴアテックスジャケットにはないやわらかさ)
  • ちいさくたためる(手のひらサイズになる)


【プチオススメポイント】

  • カラーが鮮明で見た目がきれい
  • フーディー部分の操作が楽


超オススメとプチオススメあわせて、5点のオススメポイント!

ゴアテックスジャケットよりも柔らかく、カバンの中にも小さくたためるため、常に雨の中を歩く際に着るというよりは、「雨が降るかもしれないけど降らないかもしれないなぁ」


「ゴアテックスのジャケットをカバンに入れていくとかさばるなぁ」という時に最適のレインジャケットです。やわらかいため、普段使いのジャケットとして使いやすいのもポイントです。(僕はよく私服として着ています)


シルエットはこんな感じ
f:id:otamaki:20170312155324j:plain:w500
(M10)前から

f:id:otamaki:20170312155403j:plain:w500
(M10)後ろから


色もきれい!シルエットも結構カッコいいんですよねー。





f:id:otamaki:20170312155530j:plain:w500
フードの調整もコード1つです。操作性が良く、地味にお気に入りポイントです



【まとめ】
軽い&小さい、というテクニカルウェアの正義を備えながらお洒落さも兼ねているM10ジャケット。



お値段的に「みなさまバンバン買ってください!」と言えないところはありますが「1着を大切にして長く着たい」という思いがある方にはオススメです。

第3位:R1プルオーバー【THEパタゴニアフリース】



ミニマリストのデザインで多用途に使えるプルオーバー。従来よりも軽量で通気性に優れながら、これまで通りの抜群の伸縮性と耐久性を備えコンパクトに収納できるポーラテック・パワー・グリッド素材を使用。ポリジン永続的防臭加工済み


このR1プルオーバーのオススメポイントは3つ



【オススメポイント】

  • 軽量のフリース(337g)
  • ハイレベルな通気・伸性・耐久性(ポーラテック・パワーグリッド素材使用)
  • 毎日着ても臭わない(ポリジン永続的防臭加工)←洗濯しなくていいということではない(笑)


パタゴニアのフリースといえば、僕の中ではもうこのR1で決まりです。フード付やフルジップと、色々なパターンが出ていて、人によって、用途によってそのあたりの使い分けは必要と思います。


でも、僕の中では最もシンプルで最も使いやすいプルオーバーが最良の選択です。




【具体的にいいなと思うポイント】

  • 適度な保温力で長期間使える(11月頭から4月中旬ごろまで着ている)
  • 通気性が高く、ムレが少ない
  • 首回り、おなか周りがすっきりシンプル(チャックが少ない)



ポーラテック・パワーグリッド素材というのはわかりやすく言うとこの格子状の素材のこと。
f:id:otamaki:20170313203027j:plain:w500




冬の時期は毎日着るため3枚持っています
f:id:otamaki:20170313203105j:plain:w500
(しかも2着は同じもの)


僕の中では最もシンプルで最も使いやすいプルオーバーが最良の選択です。



第2位フーディニ・ジャケット【アウトドア派は必買の超軽量ジャケット】


悪天候に対応するプロテクションとして実績のある、ランニングに必須の超軽量なナイロン製シェル・ジャケット

フーディニのオススメポイントは以下の4つ



【オススメポイント】

  • めちゃくちゃ軽い(102g)
  • iphone5sサイズに小さくたためる(全くかさばらない)
  • 撥水(はっすい)性能=多少の雨も大丈夫(ランニング中などの小雨がそれほど気にならない)
  • 耐風性能=風が服を抜けずに体温が下がりづらい(山登りで、山頂休憩中に体温が落ちない)


f:id:otamaki:20170313204402j:plain:w500
iphone5sサイズに畳んでみました



ランキング2位のフーディニ。実はフーディニジャケットが1位でもよかったんです。。。でも、この素晴らしいフーディニを超える製品がパタゴニアにはまだあるんです。


友人にパタゴニアをプレゼントしたこともありますが、プレゼントしたのはこのフーディニジャケット


そう、それはもらっても困らない、お歳暮で送られる寒天パパのような存在



フーディニの謳い文句はONE LESS CHOICE(選択肢を一つ減らす)


つまり、持っていくか持っていかないかすら迷わないほど軽くて小さい


「軽くて小さいので絶対持っていく。持っていくかどうか悩まないから選択肢が1つ減るよね!」という意味です。


くぅー、パタゴニア洒落てるなー



【注意点】
f:id:otamaki:20170313204906j:plain:w500
背中をぐーっと引っ張るとちょっと突っ張る


撥水・耐風生地のため伸縮性はあまりないんですよね。なので163cmの小さめの僕ですが、メンズSサイズを着ています。


インナーの上に着ることもあれば、少し分厚めのジャケットの上に着ることもあると思うので、購入を考えている方は、ちょーっとだけ余裕のあるサイズを選ぶとよいかもしれません!

(※個人の感想ですので「ブカブカの買っちゃったよ!!」など言われても、責任は取れませんよw)




パタゴニアユーザーでフーディニ持っていない人はぜひお試しあれ。

パタゴニア入門で「何から買おうかな」と迷っている人もぜひ。



第1位ナノエアシリーズ【着心地最高ジャケット】←超オススメ

フルレンジ・インサレーションを採用した画期的なフーディ。保温性と伸縮性に加えて優れた通気性を提供し、動いたり止まったりを繰り返す山での激しい有酸素運動でも継続的な着用が可能

 

第一位は文句なしでナノエアシリーズです!!

パタゴニアには、「ダウンや化学繊維の中綿」が入ったジャケットなど種類は多々ありますが、フルレンジインサレーションという中綿を使用したナノエア・フーディーの使いやすさは断トツ1番です。



こちらの記事でナノエアについて熱く語り、ナノエアベスト・ジャケット・フーディすべてに言及しています↓↓↓↓
元パタゴニア店員の超おすすめ!ナノエア買わなくて何買うの!! - TOEIC955点スキーヤーサトシ



秋、冬に羽織るジャケットでは、僕はこれ一択です!

いーーーーっつも着てます!

こんな風に

f:id:otamaki:20170313210227j:plain:w500


【オススメポイント】

  • 肌触りがびっくりするほど柔らかい。(やわらかーいです)
  • フードをかぶって寝ると、上半身すべて布団にくるまれているような感覚になる(テント泊では最高!)
  • ストレッチが効くため、着用時の生地が突っ張るストレスがまったくない(スポーツ時もストレスなしです!)
  • びっくりするほど軽い(385g)
  • 保温性がしっかり高い(ダウンには少し劣りますが、必要十分かと)
  • 保温性が高いのに、通気性も高く、ムレが少ない(これが一番すごい、蒸れないので体温調整がラク)


6つもおすすめポイントがあるウェア
というのはありそうで、意外にないものです。
買う予定が無くても、店頭で一度試着してみるのを強くお勧めします!
予定してなくても、買いたくなっちゃうかも(笑)

【番外編】新製品ナノエアライトパンツ【最強のナノエアがパンツで!】

【画像更新中/少々おまちください】

保温性と伸縮性と通気性を備え、寒い天候下でのすばやい移動に対応するこれまでにないミッドレイヤー・ボトム


ナノエアライトシリーズは、ナノエアシリーズよりも少し薄く、少し軽くなっています。パンツとしては、通常版ナノエアよりも薄いナノエアライトのほうが使い勝手はいいと思いますのでパタゴニアさん、グッジョブ!!



次、パタゴニアで何かを買う場合僕は絶対、ナノエアライトパンツを買います!



記事が長くなりましたが、サイトまでお付き合いいただきましてありがとうございました。

パタゴニアの製品は、どれも安くはないですよね。それだけに事前のリサーチやネットでの情報収集がとても大切だと思います

このブログをご覧くださったあなたに、このブログの情報でみなさんの素敵なパタゴニアライフに少しでも貢献できていればこれ以上幸せなことはございません!


あなたの素敵なパタゴニアウェアライフを祈っております!


【番外編2】パタゴニアを洗濯するときの洗剤は何を使うべき?


パタゴニア製品には、柔軟剤や漂白剤が入っている洗剤は可能な限り使わないのがベターです。

パタゴニア製品の中のテクニカルウェアに関しては柔軟剤や漂白剤が入っている洗剤は【NG】



撥水性、防水性が落ちてしまい機能性が悪くなります。

そのためパタゴニア直営店舗でもおすすめしている「グランジャーズ」という中性洗剤がおすすめです。


撥水剤は、グランジャーズのこのタイプ



ぜひ、パタゴニア製品は大事に使って大事に洗って長持ちさせてあげてくださいね!