TOEIC955点スキーヤーサトシ

戸隠山に登って来た!噂以上に危なくて死ぬかと思ったよ!

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

せっかく長野で住んでいるからには、関西では登ることができなかった
山にどんどん登っていきたいな、と思っているサトシです!


今日は長野に来た時から行きたかった戸隠山に登ってきました!!
戸隠山は難易度★★★★と、ガイドブックでは最高難度の難易度で表記されてます。
自分自身、難易度マックスの山を登ったことがないので
登る前日は怖さよりもわくわくのほうが大きかったです。
今回のルートは、戸隠神社奥社から一不動を経由して、戸隠牧場まで降りてくるという
基本的なコースで、ガイドブック予想所要時間6時間(自分の予想時間4時間)
歩行距離9.0km、累積標高差905mの登山です!

目次

  • 戸隠山ってどんな山
  • 前日からの準備
  • 当日の行程
  • 戸隠を登ってみて感じたこと

戸隠山とは

カンタンにいうと、昔は修験者が厳しい修行をする場所で
急坂、岩場、崖などもう修行場としてはうってつけの山だったようです。

戸隠山(とがくしやま)は、長野県長野市にある山。戸隠連峰の一峰で、標高は1,904m。400万年前から270万年前頃の新第三紀の海底火山由来の火成岩が、山体を作っていると考えられる。
信州百名山および北信五岳のひとつ。長野市の中心部から北西へ直線で20km余りの場所にあり、麓の戸隠高原には戸隠バードラインが通じる。北方約4kmには高妻山がある。


標高は1,904mの山です。2,000mにはわずかに届かないですが、関西ではなかなかお目にかかれないお山です!


f:id:otamaki:20161005191754j:plain
戸隠のメインパートはこんな感じです!

写真見ただけでもわかるヤバさ

登山者は山の形状が屏風形であるため切り立った崖を登るか縦走とならざるをえず、幅50cm前後しかない尾根上が登山路となり両側が断崖絶壁である「蟻の塔渡り」など危険な場所が多く、毎年のように墜落(滑落ではない)死亡事故が発生している。


Wikipediaからも引用させてもらいましたが、毎年のように墜落!!(※滑落ではない)
死亡事故が発生しているとのこと。。。めっちゃ怖いやんw



そんな戸隠山に登るため、前日は2つ準備をしました!

前日からの登山準備

  1. 登山計画書を提出すること
  1. 1人登山のため、準備を念入りにすること

登山計画書

f:id:otamaki:20161005192416p:plain

長野県登山安全条例が制定され、平成28年7月1日から登山計画書の提出が必要となりました。
事前に登山計画書を作成して提出することで、自分が登ろうとしている山の特性を知り、十分な準備ができるため、遭難事故を防ぎ、安全で楽しい登山につながります。
また、万が一遭難した際には迅速な救助活動につながります。

上記の条例が制定されたため、長野の山の中で登山計画書の提出が義務付けられている山に登る場合は、登山計画書の提出が必要だったため僕も


www.mt-compass.com

を利用して、登山計画書を提出しました。


登山計画書は義務付けられているから、というよりは自分の身の安全のため
そして、もしも事故にあった時に周囲がすぐに対応するために提出するべきものなので
これから山に登られる皆さんもぜひ登山計画書は提出しましょう!ネットだとらくちんですよ。




登山準備

f:id:otamaki:20161005192920j:plain


今回は1人登山。午後から雨も降るかもしれない、という条件のため
滑ってこけたり、大雨で行動不能になってしまった場合も想定しました。(まず行動不能になっちゃだめなんですけどねwどうしても登りたかったので、念には念をです)

雨具はパタゴニアのM10と今シーズンの新作、アルパインフーディニパンツです。

通常の行動着はメンズ・キャプリーン・ライトウェイトクルーとRPSロックパンツです。

登山で使う服は基本的にはパタゴニアです。なんせ元パタゴニア店員なので!

otamaki.hatenablog.com



その他、
〇手袋、ニット帽、ネックウォーマーの防寒具
〇替えのシャツ兼保温着でキャプリーンサーマルウェイトクルー
〇体温調節用にフーディニジャケット
〇強めの保温にナノエアーフーディ
〇行動食にプリングルス2つ、ブラックサンダー5個、カロリーメイト2個
〇おやつにどら焼き
〇ヘッドライト2つ(2つ目は、1つ目が壊れた時のためにいつも持っています)


のような準備で行きました。

人から見るともって行き過ぎな部分もあると思いますが
1人で登るときと、初めての山の時は行動不能になったときのために
食事と保温着をしっかりめに持っていくことにしています。


さて、登山計画書も出したし1人登山の準備もできたしあとは早起きして
山にぼるだけ!!楽しみ!



戸隠登山開始!無料駐車場から戸隠神社奥社まで【難易度★】

f:id:otamaki:20161005200106j:plain

f:id:otamaki:20161005200117j:plain

まずは駐車場所!
今回は戸隠キャンプ場の前にある、高妻山登山者用無料駐車場に車を止めました。

ここからスタート地点である戸隠神社奥社までは50分くらい歩きます

f:id:otamaki:20161005200242j:plainf:id:otamaki:20161005200249j:plainf:id:otamaki:20161005200245j:plain

キャンプ場駐車場から、自然観察路を通ってまずは戸隠神社の入口の
杉並木まで!キャンプ場→杉並木は20分くらい


f:id:otamaki:20161005200427j:plain
杉並木

f:id:otamaki:20161005200431j:plain
随神門見えてきたー

f:id:otamaki:20161005200434j:plain
デーン!随神門

f:id:otamaki:20161005200616j:plain
こんな石畳を登ってー

f:id:otamaki:20161005200536j:plain
九頭龍社!

f:id:otamaki:20161005200542j:plain
奥社!いつ来てもいいね

f:id:otamaki:20161005200547j:plain
ここが登山道入り口!
三歩さんが「登山計画書だせー」言うてます!なぜ、インドの登山隊員を
助けようとして死んでしまったんだ。。。悲しい


登山口~百間長屋~胸突き岩~蟻の塔渡り~剣の刃渡り 【難易度★★★★】

スタートしてからの1時間で、戸隠山の難しいポイント8割やり尽くした感。。。
正直、この区間はビビりまくってた。
「落ちたら死ぬなぁ」とか「ガスってきて下が見えなくなってきたなぁ」
「急傾斜の鎖場登っちゃったから、降りるのも危ないよなぁ」
もう山登り楽しむ余裕がなかった。


この日は午後から雨の予報だったので、ガスが晴れるまで待とうとか
ほかの登山者と合流して、一緒に行動させてもらおうとか
そういうことが期待できなかった。。。
久しぶりに、「登山怖い、命かけてまで山登らんでもいいな」
と一人でぶつぶついいながら歩きました(笑)



f:id:otamaki:20161005201458j:plain
登山口からいきなりの急坂。ほかの山に比べると坂が急っていうだけで
戸隠の中では序の口の序の口。。。このときは気づいてなかった



f:id:otamaki:20161005201648j:plain
さっそく来た鎖場。このあといくつもいくつも鎖場が続くことになるとは・・・


f:id:otamaki:20161005202430j:plain
この絶壁を回り込みながら一気に登るようです。
そりゃー鎖で垂直に登らせますよね(笑)


f:id:otamaki:20161005202511j:plain
これが百間長屋・・・なのか(笑)
岩が削れていて不思議な感じでしたね。


f:id:otamaki:20161005202557j:plain
これは登り始めて30分くらい、まだこのときは晴れていた。。。


f:id:otamaki:20161005202845j:plainf:id:otamaki:20161005202901j:plainf:id:otamaki:20161005202928j:plain
このへんから、鎖場のレベルもなんか上がってきた(笑)
それに空の色もおかしな感じになってきて・・・
ここの鎖場【難易度★★★】くらいだと思います。
雨の時、ガスの時は足元の岩場も大変滑りやすくなるそうです。

ついに蟻の塔渡り

f:id:otamaki:20161005203056j:plain


・・・・・・・・・

・・・・・・・・・



ガスがすごすぎて、見えへんやないかい!!!


f:id:otamaki:20161005191754j:plain
こんなのを期待して山を登ってきたっていうのに!!!


f:id:otamaki:20161005203056j:plain
これって!!!



見えへんやないかい!!!(笑)




蟻の塔渡りは、幅が20㎝、長さ20mの両側に切れ落ちた
ナイフリッジです。目の前で、手本を見せてくれるようなほかの登山者も
いなかった。ガスが濃くてどこまで崖が切れ落ちているのかなどが全く見えなかった。
見えたら見えたで怖いんだろうけど、見えないというのも怖かった。


なんとかクリアすることはできたが、1人ではもう来ないかもしれない(笑)
初心者で「山登りしてみたいな」レベルの友人を連れてくることもできないし
引っ越してきた先だが、長野で山登り友達つくるしかないな。。。誰か!!



f:id:otamaki:20161005203559j:plain
無事、山頂には到着!
もうガスが濃すぎて何も見えない。。。
山頂に上がるモチベーションって、非日常的な絶景が見たいのに!
登る日が悪かったと思って諦めました



山頂~一不動~戸隠牧場【難易度★★★】

正直なところ、蟻の塔渡りを越えても戸隠山は気が抜けませんでした。
坂は基本的に急だということ。そして最後の下りは沢沿いをおりなければ
いけませんでした。

沢沿いは岩が濡れて、とても滑りやすく僕も一度こけました。
下りの際の転倒というのは遭難にもつながりますし、けがをすれば
行動不能にも陥ります。今回はこけたときに、カバンが背中を守ってくれた
のと、しっかり手を両側について受け身が取れてよかった。


f:id:otamaki:20161005203933j:plain


f:id:otamaki:20161005203950j:plain
下りで晴れてきやがった(笑)


f:id:otamaki:20161005204021j:plain
一不動という分岐点にある、避難小屋。
中は緊急避難用で、寝転べるように板が張ってあるだけでした。
最近は、避難ではなく宿泊場として勝手に使う人が出ているようで
緊急時以外は使わないよう注意書きが出ていました。



f:id:otamaki:20161005204150j:plain
下りは、こんな沢・滝のそばを通りました。
岩が濡れていて怖い怖い。


f:id:otamaki:20161005204225j:plain
こんなに濡れているところをトラバースするだと!!!
どれだけ登山者を追い込めばいいんだ(笑)
終わってみると楽しんだけどね、このときはもう「勘弁してー」
っていうのが一番でした。



f:id:otamaki:20161005204324j:plain
下りで足が疲労してきたのでいったん休憩。
10月の水はとても冷たく、5秒足をつけただけで終わりました


f:id:otamaki:20161005204432j:plainf:id:otamaki:20161005204445j:plain
沢がおわるとあとは牧場まで一直線。
なだらかな道になってやっと落ち着けました。


f:id:otamaki:20161005204529j:plain
戸隠牧場を抜けて、スタート地点の無料駐車場につきました。
最後の顔は「雨が降るかもしれないときに無理して山は登らないぞぉ」
と決意した顔です ^^)

スケジュールまとめ

  • 6:00 無料駐車場出発
  • 6:20 戸隠神社入口到着
  • 7:00 奥社到着‐戸隠登山口出発
  • 8:30 戸隠山山頂
  • 10:00 一不動避難小屋到着
  • 11:20 戸隠牧場-無料駐車場到着


最終的に所要時間は5時間20分でした。
体力的にもまぁまぁしんどかったですが、それよりも心が疲れました。。。
命の危険があると、確かにスリルはあるんですが
It's not worth it.って感じで、ほんとに命かけてまで
山登る意味あるのかな、って僕は思っちゃうタイプなんだ!と気づけました


今後は、ちょっと安全な山を登っていきたいと思います!


戸隠山は自然のアトラクション!って感じで、冒険を求めている方は楽しめる
山だなぁとおもいます!ただ、しっかりとした事前の準備と、できれば
1人ではいかないほうがいい山です。

戸隠行かれる方は、頑張ってください!