TOEIC955点スキーヤーサトシ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くことは生きること 書くことは繋がること

オススメ記事

スポンサーリンク

f:id:otamaki:20161023225257j:plain

最近部屋に帰ると、家の中に「おかえり」してくれるムシが出始めました。


「おかえり」、って言ってくれてるのかな

それとも「じょうじ」っていってるのかな(笑)







書くことは生きること


書くことは生きることだな、と最近思い始めてきました



このブログを始めたころ、一日のPV数は0とか1ばかりでした

そんな状態で4か月ほど放置した後、この一か月は1日に1記事のペースで
ブログを書いてきました。


その努力が少なからず実ってか、一日のPV数が多い時には200PVに近づき
少なくても50PVくらいにはなるようになってきました。



これまで縁もゆかりもなかった50人に自分という存在、自分の発信した情報を読んでもらえている
と体感できたときに、「あ、自分今、能動的に生きてるな」と感じることができました。



書くことは繋がること

これまで縁もゆかりもなかった50人の人が、僕のブログを見てくれる。

つまり、これまで知らなかった50人の人と僕が今日一日でつながったことになります。


とても細い繋がりだとしても、「自分の努力」でこれまで繋がっていなかった人と繋がる
事ができた。という成功体験が


書くことは生きること、書くことは繋がることだな


と体感させてくれました。(最高一日200PV弱で成功体験というのも恥ずかしいですが)




さらなる発信で、より多くの人とつながりたい

1日50人の人が僕に会いに来てくれている。
(純粋には50PV=50人が見てくれているというわけではないですが、まぁシンプルに考えて)




せっかく来てくれた僕のおうち、僕のお店で
もっと居心地よく、もっと有意義に過ごせてもらえたなら
また帰ってきてくれるし、もっと友達を連れてきてくれるかもしれない。




書くということを一か月だけでも続けることでそういった思考を自然に持てるようになりました。





これから、もっとブログを

見やすく美しく親しみやすく





記事を洗練して読む人にとって

楽しく有意義に







そうやっていけば、もっと多くの人と繋がって、


生きてる

って感じることができるんじゃないかと思い始めました。





書くことは生きること、書くことは繋がること




もっともっと自分を発信して、自分という存在を認識してもらいたい
そういう風に思います。