TOEIC955点スキーヤーサトシ

新卒・社会人1年目で100万円貯金した僕が教える【大事なお金の考え方】

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事では、社会人・新卒1年目の1年間で100万円を貯金した僕の貯金方法と【大事なお金考え方】をご紹介します。

f:id:otamaki:20170313234824j:plain



箇条書きにすると大変シンプルですが、本を読み、財布を変え、家計簿をつけて、ウェルスナビで長期積立投資を行い、クラウドバンクでソーシャルレンディング投資を行うことで、貯金100万円に成功しました。


簡単な自己紹介

2016の4月に、僕は社会人1年目をスタートさせました。

そして1年間で100万円貯金に成功しました。



ブログを読まれているあなたは、恐らく20代の新卒社会人の方で

「自分も100万円を貯金したい」

「100万円を貯金する方法を知りたい」

という人でしょう。



社会人1年目は新しい環境に慣れたり、はじめての仕事を必死にクリアしなければいけなかったり。大変なことがいろいろありますよね。

そんな生活の中で、自分のお金について振り返る機会を持てなかった方もいると思います



僕と同じ社会人1年目だったみなさんは、この1年間でどのくらい貯金されましたか?

次の4月に社会人1年目を迎えるみなさんは、この1年間でどのくらい貯金する予定ですか?




僕は社会人1年目でお金について考えて

1年間で100万円貯金、2年間で300万円貯金することに成功しました

いくら貯めたから偉い、ということはありませんが

「自分でも100万円貯金できた」という事実で、少しの自信と安心を得ることが出来ました。



では、僕が「1年間で100万円貯金」を始めたキッカケと

貯金生活の【成功方法】をお伝えできればと思います。


100万円貯金をするにあたって、僕のお金の考え方を作り上げたオススメ本も紹介しています



1年間で100万円・2年間で300万円を貯めてから意識も変わり、資産運用はじめました!!



新卒・社会人1年目で100万円貯金を始めたキッカケ

なぜ100万円も貯金しようと思ったかというと、大学生時代に読んでいたこの本の影響です


社会人1年目としての心得が50個書かれている本です。とても有名な本で、内容もわかりやすく役に立ちます。

読んだことがない人は、絶対読んだ方がいいですよ。役に立つ考えがいくつもあります。

50個の教えの中でも、僕を一番惹きつけた言葉が

49:何はともあれ貯蓄せよ


著者の岩瀬さんはライフネット生命の副社長という経歴の方ですが

そんな方が貯金を薦めてますので、素直な僕はすぐ貯金を始めました。

以下に、心に響いた部分を引用します。

若いうちは貯蓄なんかしなくていい。どんどん遊べ。若い時分に投資することによって、人間的な成長が促進される。昔からよく言われることですが、一面では正しいと思います。でも、やはり貯蓄することをおすすめしたいのです。ある程度金額がまとまると、貯蓄を資産と認識するようになります。資産をどう活用するかという観点が生まれてくるのです。目の前に自由に使えるお金が30万円あったら、人間の行動は変わります。


毎日仕事帰りにお酒を飲む、タバコを吸う、別にそれほど食べたくもないお菓子を買う

こういった、細かいお金の使い方はあなたに何も有益なものを残しません


しかし、貯金することによって目の前に100万円があると、人間の思考と行動は変わります



「この100万円で、英語留学をすればもっと仕事の幅が広がるかもしれない」

「この100万円で、自分がやりたいことを達成している人に会いに行けば、夢に近づくかもしれない」



など、貯蓄をすることで100万円単位のお金を、自分が成長するための投資資金として考えることが出来ます。

若いうちは貯蓄なんかしなくていい。どんどん遊べ。

言い換えると、「まずはしっかり貯蓄しろ。貯蓄が出来上がったら自分の成長になるようにお金を使ってどんどん遊べ」ということです。


何が得られるかハッキリわからずに始めた100万円貯金でしたが

数十万円のお金を自己投資などの「攻め」に使う心とお金の余裕

を手に入れることが出来ました。


前置きが長くなりましたが、これから100万円を貯金するために意識した【大事なお金の考え方】をご紹介します。

100万円貯金するために意識したい【大事なお金の考え方】

お金に対してこだわりをもつ

お金のとの付き合い方に自分ルールを持つことです。

そのルールは、他人からみたらどうでもいいようなルールでも構いません。お金に対して自分なりの意識を向けることが大切です。


長財布と小銭入れに分ける

僕は、長財布と小銭入れを分けて持つことに強いこだわりをもってます。


f:id:otamaki:20170913120343j:plain

f:id:otamaki:20170913120359j:plain


僕は、LITSTA(リティスタ)というブランドの革財布を使っています。

長財布は「お札とカード」、小銭入れには小銭と楽天Edyだけを入れてシンプルにしています。

小銭が入れを使うことで、長財布がレシートやカードで財布がパンパンにならないように財布を2つに分けています。


特に小銭入れに関しては、お洒落なことに加えてかなり使いやすいです。


小銭入れを紹介したブログも書いています


長財布を使い始めたのはこの本を読んだからでもあります。

財布をはじめとして、お金に関するこだわりを持ち始めたのもこの本を読み始めてからなので、気になる方はぜひ読んでみてください。


固定費を下げる【家賃・食費を下げる】

固定費はとても大切です

どんなお金の本を読んでも必ずといっていいほど出てきます。


家賃・水道代・光熱費・食費・通信費など、固定費は様々ですが

固定費を下げるのが節約・貯金の基本中の基本です。


家賃が6万円、水道・光熱費などが1万円、食費が3万円で固定費が10万円。この固定費を、出来る限り10万円もしくはそれ以下に抑えることが大事です。


お金が自然にたまっていく口座を作る

さて、固定費が決まれば次はお金が自然に貯まっていく口座を作ります。


100万円貯金するのに必要なお金は月9万円

なので9万円を天引きします。


貯めたいお金は、一番最初に貯金口座に移すのがセオリーです

外食、旅行、飲み会、ゴルフ、車検、病院、帰省など、急な出費がありますよね

「色々支払ってから、毎月残ったお金を貯金しよう」とすると、絶対残したかった金額は残りません


①積立定期口座には、9万円ずつが毎月振り込まれるように設定

毎月、少しずつ100万円貯金に近づいて行くのを楽しみます。


②普段使う口座には残りの給与が毎月振り込まれるように設定

こちらの口座は日々の生活で使う口座です。


2つの口座を分けたら、やっとスタートライン。

本当に守りたい9万円は何があっても切り崩さない。

使ってもいい口座の中での使い方を考えていきましょう。


自分の資産を把握するためにマネーフォーワード(家計簿)を使おう

f:id:otamaki:20170903152903p:plain
<引用:マネーフォーワード>

家計簿は必須アイテムといっても過言ではありません。

自分の資産が一体いくらあるのか可視化しておくというのはめちゃくちゃ大事。

いくら持っているか正確にわかっていれば、「お金がないかもしれない」という不安にも襲われません


マネーフォーワードは無料と有料(月額480円)がありますが、僕は有料をオススメします。

銀行口座も多数登録できますし、クレジットカード、楽天Edy、楽天モバイル、Amazonポイント、楽天ポイント、などお金にまつわるほとんどを登録できます。


マネーフォーワードに登録しておけば、現金じゃなくてデビットカードやプリペイド式の楽天Edyとかでも残高が把握できます。

デビットカードは即時引き落としだから残額がすぐわかるし、楽天Edyも使う分だけ先にチャージするから使いすぎることもなし!

マネーフォーワードを登録せずにまだ損してるの?

ウェルスナビによる積立投資

貯金がある程度貯まってきた後は、「貯まったお金を回す」「お金でお金を稼ぐ」ということもやってみましょう

年利3%で運用・さらに積立投資が出来る「ウェルスナビ」

f:id:otamaki:20170903021611p:plain

相場を見ないで資産運用できるのがこのウェルスナビ

AIロボットが投資先を自動で判断、人間のように感情で判断が狂うことがないので日々精度を高めて僕らの大切な資産を運用してくれます。

「積立投資」は20年~30年のスパンで、毎月お金を積立ながらじわじわと増やしていくという金融商品。自分が年金をもらいだす年齢まで運用する覚悟でスタートしましょう。


僕は最初に30万円(30万円が下限)を入金し、その後毎月2万円ずつ積み立てています。

f:id:otamaki:20170902021723p:plain

70%の確率で、投資元本の748万円が30年後には1200万円くらいになるらしい。

30%の確率で、2199万円以上!!

投資商品なので、最悪元本割れもあるかもですが今は元本割れの状況にはなっていないようです。さらに、長期で利用している人は年利4%くらいで運用出来ているらしい。1%の運用手数料はかかりますが、自分で投資先を選定・リバランス作業する手間がないので手数料1%で海外の株・債権が買えるのは安いですね。


銀行にお金を眠らせるだけはマジでもったいない。

なので、僕は20代は資産運用をはじめました

2017年10月7日追記

初回の30万円を1カ月運用して、現在317,400円になっています(+17,400円、+約5%)

増えるときもあれば減るときもあるでしょうが、でも2万円近く増えるとやっぱり嬉しい

追記終了

>>>ウェルスナビで資産運用を始めてみる(無料診断付)


年利6%で運用できるクラウドバンク

f:id:otamaki:20170903020758p:plain

年利6%の投資案件に約3か月~12カ月くらい資金を提供。その報酬・配当として、毎月配当が支払われながら期間終了時に元本が償還されます。

投資案件というは色々あるんですが、こういった風力発電や、不動産投資などがあります。

f:id:otamaki:20170903021050p:plain


現在僕は20万円をクラウドバンクの口座に入金し運用中です。

2017年10月7日 追記

合計20万円を入金、5万円ずつ4つのファンドに投資しています。そして4つのファンドから少しずつ配当があり、現在5,000円増くらいになっています。

年利6%程度なので、順調にいけば1年間で2万円増えるような予定ですね。

追記終了


>>>クラウドバンクで資産運用してみる


社会人1年目で100万円貯金をやろうと思った方へ

最後までお読みいただきありがとうございます。


月に9万円の貯金をするというのは結構大変です

でも、僕のモチベーションになったのは

毎月100万円に近づいていく預金残高と、100万円を使って自分をどう成長させていこうかと考えるワクワクでした


今は自分に自己投資と資産運用をはじめながらもう一度100万円貯金をしていこうと考えています。

100万円貯金を始めようかな、と思ったあなた。一緒にがんばりましょー