TOEIC955点スキーヤーサトシ

社会人1年目で100万円貯金した僕が教える【大事なお金の考え方】

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(※この記事では、社会人1年目の1年間で100万円を貯金した僕が、お金を貯める際に常に意識していた【大事なお金考え方】をご紹介します。)



f:id:otamaki:20170313234824j:plain




2016の4月に、僕は社会人1年目をスタートさせました。





ブログを始めたのもちょうどこの頃。



ブログを始めた理由は新卒で本業の仕事を頑張るとともに

「仕事以外のところでも自分を成長させる何かをしたかった」

というのが一番の理由でした。




ブログで検索流入を増やすという作業は

  • どんなターゲットの人が、どのようなキーワードで検索してくれるのかを考える

  • 検索してくれた人が読みたいと思える文章を、読者目線で書く


ということの繰り返し。



このブログへの取り組みは本業にも良い影響をもたらし始めています。







さて、貯金の話をしましょう







このブログを読まれているということは、皆さんの多くが恐らく20代の新卒社会人の方で

「100万円を貯金したい」

「100万円を貯金する方法を知りたい」



という方でしょう。

もしくは、社会人1年目、2年目が終わったけれど上手く貯金ができなかった方でしょうか。








社会人1年目は、新しい環境に慣れなければいけなかったり、やったことのない仕事を必死にクリアしていかなければいけなかったり。大変なことがいろいろありますよね。




そんな生活の中で、自分のお金について振り返る機会を持てなかった方もいると思います





僕と同じ社会人1年目だったみなさんは

この1年間でどのくらい貯金されましたか?




次の4月に社会人1年目を迎えるみなさんは

1年間でどのくらい貯金する予定ですか?










僕は社会人1年目でお金について考えて

1年間で100万円貯金することに成功しました






いくら貯めたから偉い、なんていうことはありませんが

僕は100万円貯金できた!という事実で、少しの自信と少しの安心を得ることが出来ました。





それでは、僕が「1年間で100万円貯金」を始めたキッカケと

貯金生活中に意識した【大事なお金の考え方】をお伝えできればと思います。




100万円貯金をするにあたって、僕のお金の考え方を作り上げたオススメ本も紹介しています



100万円貯めてから意識も変わり、資産運用はじめました!!



社会人1年目で100万円貯金を始めたキッカケ


なぜそもそも100万円も貯金しようと思ったかというと、大学生時代に読んでいたこの本の影響です


社会人1年目としての心得が50個書かれている本です。とても有名な本で、内容もわかりやすく役に立ちます。

読んだことがない人は、絶対読んだ方がいいですよ。僕の行動の指針になっている話がいくつもあります。




50個の教えの中でも、一番簡単に取り組めそうだった49番に僕は取り組みました。それが



49:何はともあれ貯蓄せよ




著者の岩瀬さんはライフネット生命の副社長という経歴の方ですが

そんな方が貯金を薦めてますので、僕はすぐ貯金を始めました。




以下に、心に響いた部分を引用します。

若いうちは貯蓄なんかしなくていい。どんどん遊べ。若い時分に投資することによって、人間的な成長が促進される。昔からよく言われることですが、一面では正しいと思います。でも、やはり貯蓄することをおすすめしたいのです-

ある程度金額がまとまると、貯蓄を資産と認識するようになります- 

資産をどう活用するかという観点が生まれてくるのです-

目の前に自由に使えるお金が30万円あったら、人間の行動は変わります。

毎日仕事帰りにお酒を飲む、タバコを吸う、別にそれほど食べたくもないお菓子を買う

こういった、細かいお金の使い方はあなたに何も有益なものを残しません






しかし、貯蓄することによって貯蓄が出来ると

目の前に100万円があると、人間の思考と行動は変わります



「この100万円で、英語留学をすればもっと仕事の幅が広がるかもしれない」

「この100万円で、自分がやりたいことを達成している人に会いに行けば、夢に近づくかもしれない」




など、貯蓄をすることで100万円単位のお金を、自分が成長するための投資資金として考えることが出来ます。

そして実際、僕も自分の100万円を投資に回せる余剰資金だと考えられるようになり始めています。






若いうちは貯蓄なんかしなくていい。どんどん遊べ。

というのは、「まずはしっかり貯蓄しろ。貯蓄が出来上がったら自分の成長になるようにお金を使ってどんどん遊べ」ということだと思うんです。











ただ、僕の場合この100万円は何かハプニングが起きたときのためのセーフティネットなので

ドーンとすべて自己投資に回すことはできません。

でも10万や20万円くらいなら、投資として使ってもいいかなと思えるようになりました






何が得られるかハッキリわからずに始めた100万円貯金でしたが

数十万円のお金を自己投資などの「攻め」に使う心とお金の余裕

を手に入れることが出来ました。






前置きが長くなりましたが、これから100万円を貯金するために意識した【大事なお金の考え方】をご紹介します。



100万円貯金するために意識したい【大事なお金の考え方】

お金に対してこだわりをもつ

お金に対してこだわりを持つというのが、どういうことか。

それは、お金の使い方1つ1つに自分ルールを持つということ。そのルールは、他人からみたらどうでもいいようなルールでもいいんです。自分がお金に対して意識を向けるということが一番大切なんです。




長財布と小銭入れに分ける


財布に関しては、人それぞれ様々こだわりがあると思いますが僕にかんしては長財布と小銭入れを分けてもつことに強いこだわりをもってます。



f:id:otamaki:20170913120343j:plain

f:id:otamaki:20170913120359j:plain



僕は、LITSTA(リティスタ)というブランドの革財布を使っています。

長財布では「お札とカード数枚」、小銭入れには小銭と楽天Edyだけを入れて出来る限りシンプルにしています。

小銭がたくさん入っていたり、レシートやカードで財布がパンパンにならないようにお財布を2つに分けています。




特に小銭入れに関しては、お洒落なことに加えてかなり使いやすいです。







そもそも長財布を使い始めたのはこの本を読んだからでもあります。

財布をはじめとして、お金に関するこだわりを持ち始めたのもこの本を読み始めてからなので、気になる方はぜひ読んでみてください。




お金が財布に出入りするときは「いってらっしゃい」「おかえりなさい」という

お金を使う時は、出来る限り心がけてます。

お金を大事に扱うための意識付けです。









固定費を下げる【家賃・食費を下げる】

固定費はとても大切です

どんなお金の本を読んでも必ずといっていいほど出てきます。




家賃・水道代・光熱費・食費・通信費など、生活スタイルによって固定費は様々ですが

この固定費を下げるというのは、節約・貯金の基本中の基本です。




僕は、固定費に関してはとても恵まれてます。幸運なことに社員寮のある会社で働いていて

家賃と食費を合わせて1か月3万円

とても恵まれていますね





一か月に必ず支払わなければいけない金額は3万円



3万円払えば死なないという環境を作れたことが100万円貯金に大きく影響しました。

僕の例そのまま、とはいかないかもしれませんが社員寮や社宅がある会社は結構あると思います。

そういうところから、自分の生活を見直したり仕事を見直すのもいいかもしれません。






お金が自然にたまっていく口座を作る【給料天引き口座を作る】


さて、生活に必要なお金(僕であれば月3万円)を銀行から引き出したら次にやることは

9万円を定期積立口座に天引きする

(※100万円貯金するのに必要なお金は月9万円)

貯めたいお金は、一番最初に貯める口座に移すのがセオリーです






・外食
・旅行
・飲み会
・ゴルフ
・麻雀
・漫画
・車検
・車のタイヤ交換
・病院
・帰省

など、急な出費・使っているつもりはないけど結構お金がかかる出費がありますよね

「色々支払ってから、毎月残ったお金を貯金しよう」なんて甘すぎます。絶対残したかった金額は残りません









☑積立定期口座には、9万円ずつが毎月振り込まれるように設定


毎月、少しずつ100万円貯金に近づいて行くのを楽しみます。







☑普段使う口座には残りの給与が毎月振り込まれるように設定


こちらの口座は日々の生活で使う口座です。







2つの口座を分けたら、やっとスタートラインに立てました。



本当に守りたい9万円は何があっても切り崩さない。

使ってもいい口座の中での使い方を考えていきます







使うお金は月の初めに下ろしておく【1人小遣い制】

みんな、9万円を天引きする口座はもう作ったか?!

※まだ作ってなかったら、とりあえず早く9万円を天引きする口座を作るのだ




さて、月の手取り額にもよりますが月9万円を天引きしたら残るお金は6万円~8万円くらいでしょう。普通の新卒なら

本当はこの6万円を使わずに貯めることが出来れば、100万円貯金は半年くらいでできるけどそれは不可能。

お金を使わない生活っていうのは、精神的にもかなりキツい









なのでここで、6万円の中でもルールを作ります。

今月使えるお金を4万円に決めて、残り2万を口座に残しておく

1人小遣い制です






4万円は自由につかっちゃいましょう!飲み会にいくなり趣味に使うなり!もちろん、一か月の中で使うのはこの4万円と決めてそれ以上は使わないように注意!





さて、残すと決めたお金はどういうお金かというと急な出費に対応するためのお金です

僕は、緊急用貯金と呼んでました

緊急な時に使うための貯金という意味です。






車の保険が1年で6万円だと?!

緊急貯金2万円を3か月貯めておけば大丈夫






車の車検代が11万円だと!?

緊急貯金を6か月貯めておけば大丈夫






実家への帰省、友人の結婚式など予定外の出費は本当に予想外に訪れます

その予想外に対応するために緊急貯金を前もって作っておくのです。






なにも準備をしていないと、急な出費のために

崩してはならない9万円を崩さなければいけないことになりますので。






自分の資産を把握するためにマネーフォーワード(家計簿)を使おう


f:id:otamaki:20170903152903p:plain
<引用:マネーフォーワード>


9万円の天引き口座も作り、4万円を手持ちで使えるようにして、2万円は緊急用貯金。こんな風に分けておけば大体お金の流れはわかりますが、それでもやっぱり家計簿はつけたほうがいい!


自分の資産が一体いくらあるのか可視化しておくというのはめちゃくちゃ大事です。

いくらあるか正確にわかっていれば、「お金がないかもしれない」という不安にも襲われません




マネーフォーワードは無料と有料(月額480円)がありますが、僕は断然有料派です。

銀行口座も多数登録できますし、クレジットカード、楽天Edy、楽天モバイル、Amazonポイント、楽天ポイント、などお金にまつわるほとんどを登録できます。



マネーフォーワードに登録しておけば、現金じゃなくてデビットカードやプリペイド式の楽天Edyとかでも残高が把握できるし、支払いも楽。!

デビットカードは即時引き落としだから残額がすぐわかるし、楽天Edyも使う分だけ先にチャージするから使いすぎることもなし!



マネーフォーワードを登録せずにまだ損してるの??



社会人1年目で100万円貯金をやろうと思った方へ


最後までお読みいただきありがとうございます。


月に9万円の貯金をするというのは結構大変です

でも、僕のモチベーションになったのは






毎月100万円に近づいていく預金残高

100万円を使って自分をどう成長させていこうかと考えるワクワクでした




2年目の今年は、自分に自己投資と資産運用をはじめながら

もう一度100万円貯金をしていこうと考えています。





100万円貯金を始めようかな、と思ったあなた

一緒にがんばりましょー!