TOEIC955点スキーヤーサトシ

【新入社員が読んでおくべきオススメ本】3冊!

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは

スキーが大好きすぎて長野県に移住したTOEIC955点スキーヤーのサトシです!



今年の4月で、晴れて社会人2年目を迎えることになります!パンパカパーン!



1年間働いてきて、僕は色々と悩みました、迷いました。

特に4月、5月の新人の時期は毎日右往左往してました。
研修期間なんてものは特になく、4月1日から現場にぶっこまれましたからね!
(※まぁ、長期の新人研修なんて僕はごめんだったので構わないんですがね!分からないことが多くて、右往左往した、というだけでござんす)




1年たって、だいぶ落ち着いて仕事はできるようになりましたが
3月の今になっても、体系立てて教そわっていないことはたまに不安になります。


「本当にこれで大丈夫かな」
「これが本当に一番効率的なのかな」


という疑問は多々あります。

特に


「これが本当に一番効率的なのか」


は毎日気にしますね。


先輩や上司は、同じ作業をもっと効率的にやってるんじゃないのか!
自分だけでノウハウ止めずに下まで教えてくれよコンチクショウ!(笑)

なんて思ったりもします。


仕事の効率が良い=仕事ができるヤツ=定時でサクっと切り上げて残業ダラダラしないヤツ

ですからね。




あとはメールの基本的な返し方、社外の人との話方など会社では教わらなかったですね。

特に大間違いのメール返信はやっていない

と思うんですが、やっぱり一度体系立てて学習しておかないと、僕は不安です。



そんな僕がたどり着いたのは


正しい働き方、教えてくれないなら自分で勉強するしかないじゃん


しかも


体系的に


僕が大事にしてるのは体系的にという部分!

Webからの断片的な知識というのは、その時わかった気になっても記憶に残らないっすからね!





前置きが長くなりましたが、体系的にモノを学ぶなら本から学ぶのが一番。

僕の社会人1年目生活のスタイルを作り上げてくれた

オススメ本を3冊ご紹介したいと思います。




おすすめ本第1位


こちらは、言わずと知れた社会人入門の教科書!

仕事における3つの原則

  1. 頼まれたことは、必ずやりきる
  2. 50店で構わないから早く出せ
  3. つまらない仕事はない


という3つの行動原則をはじめとして、社会人として持っておくべき基本姿勢を

「体系的に」教えてくれます。

多くの人に読まれるにはそれだけの理由があるな、と思わせてくれます。良書です。




おすすめ本第2位



1位の本は、ガンガン成長していきたい人にぜひ手に取ってほしい本だったのに対して

こちらの「自分は自分、人は人」の本は、仕事が苦しくて辛い時に手に取ってほしい本です。


自分の上手なほめ方、マイペースの頑張り方、コツを身につけて「出来る人」になる

などをまとめて教えてくれます



心がつらいとき、自分のほめ方を知っていれば心が落ち着くことを教えてくれます

周囲の人と差がついてしまったりして焦っても、マイペースでコツコツ頑張ればよいことを教えてくれます

がむしゃらに働く前に、コツをきっちり身に着けてから頑張る→「出来る人」になれる、と教えてくれます




辛いとき、立ち止まるのではなくマイペースで続けていればいずれ成功できることを教えてくれて
僕はなんとなく心がラクになったのを覚えています。


新卒のみなさんには4月に一度目を通して、つらいときにもう一度読んでみてほしいなぁ



おすすめ本3位



こちらはメール業務の基本を学べます。

cc? Bcc?なんだそりゃ?というレベルの人から

メール上での敬意の示し方

見やすいメールの書き方など


コチラも「体系的に」学ぶことができ、出来る人になれる「コツ」をつかめますよ!
(※僕自身、出来る人ではありませんが、前よりマシな人にはなりつつあります)




以上3冊、がオススメ本でございます。


新入社員のみなさんの支えなればさいわいですー

では