TOEIC955点スキーヤーサトシ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIAアルペンスキーステージⅢ検定会備忘録2(FISルール2/2)

オススメ記事

スポンサーリンク

f:id:otamaki:20170406185025j:plain


こんにちは

スキーが好きすぎて長野県に移住したTOEIC955点スキーヤーのサトシです。



プロフィールにもありますが、僕はカナダスキーインストラクターをしていて、現在は日本でスキーインストラクターをしています。(スキーインストラクターだけってわけじゃないんだけどね)





そして、2017年4月6日から3泊4日で行われるSIAアルペンスキーステージⅢ検定会に参加しています。SIAで最高位の資格、ぜひともゲットしたい!!




雪上試験とは別に、室内試験があります。

4月6日の初日に「FISルール」という講義を受講し、これが穴埋め形式で試験時に出題されるようです。




講習内容のブラッシュアップと、今後試験を受けられる方の「ふーん、こんな内容なんだ」という参考にしていただければ幸いです





目次

SIAアルペンスキーステージⅢ検定・FISルール

ICR(Internatinal Competition Rule)と呼ばれる、競技規則 について学びましたよ


講習の内容は別に難しくはない・・・んですが、講師の方が結構ざっくりとしてて正直、試験が心配w



重要そうなところだけ、ピックアップして備忘録にしていきます


選手が止まった後の継続禁止

選手が完全に止まった場合(例:転倒)、その選手は、前の旗門やそのあとの旗門を続けることはできない。この禁止は固定したスタートインターバル があるすべての種目(DH、SG,GS,)に有効である。その選手が、次の選手の滑走をじゃましない、または、次の選手に抜かされない限り、スラロームは例外である



スラローム旗門幅

SLの鬼門の幅は、4m以上6m以下でなければならない。連続する旗門のターニングポール間の距離は6m以上13m以下(すべてのカテゴリーに有効)でなければならない。

【例外】 チルドレン競技会 7m~11m
コンビネーション内(ヘアピンやヴァーティカル)旗門の距離は0.75m以上1m以下でなければならない。ディレードゲートはターニングポール間の距離は12m以上18m以下(チルドレン競技会15m)にしなければならない。


エントリー

すべてのエントリーは、組織員会がエントリー締切日までに受け取るように送付しなければならない。開催者は最初のドローの24時間前 までに、最終的かつ完全なリストを持っていなければならない。


チームキャプテンミーティング

チームキャプテンとコーチは、ICRやジュリー決定 に従わなければならない。また、礼儀正しくかつスポーツマンらしく振舞わなければならない

ドロー

ドローの時に、チームキャプテンまたはコーチの出席がない選手の場合、ミーティング開始までにエントリーした選手の出場が電話、電報、電子メールまたはファックスで確認された場合 のみ、ドローが行われる。

ルール上にない問題

ルール上明確でないすべての問題については、一般にジュリーが決定を下す



主審の任務及び権利

レフリーはドローの指揮を執る

各ランの終了後直ちに、主審決定報告書をチェックし署名した上で公式掲示板に公示する。また、フィニッシュハウスには、失格選手氏名不正発生旗門ナンバー、失格制裁の原因となった不正を記録した旗門員氏名、および正確な失格時間を記載したリストを掲示する

再レース

レース中に妨害を受けた選手は、妨害発生後ただちに停止し一番近い旗門審判員に申し出なくてはならない。

妨害の根拠

役員、観客、動物 その他の障害物によるコース遮断


失格

正しい旗門通過をしない

抗議

ジュリーは、物的証拠に基づいた抗議のみ受け付けなければならない

抗議の提出期限

失格の発表後の15分以内


抗議の方法

書面で提出する


クラッシュヘルメット

すべての選手、前走者は競技装備を満たすため、クラッシュヘルメットの着用を義務付けられている。このルールは公式トレーニングにおいても協議会と同様に適用される。耳の部分に柔らかい保護材の使用は回転(SL)競技のみで使用できる。



大回転のポール幅

旗門の幅は4m以上8m以下(SLは4m以上6m以下)

連続する2旗門の最も近いポール間の距離は10m以上でなければならない(SLは6m以上13m以下)

大回転のターンの種類

ロングターン、ミディアムターン、ショートターンから成る



キッズレースの注意点

コースセッターは、キッズ選手の身体能力に特に配慮しなければならない


板のレギュレーション

コンチネンタルカップのメンズGSスキー板(長さ193cm,ラディウス30mに変更)

FISレースのメンズGSスキー板(長さ188cm,ラディウス30mに変更)


センター幅65mm







あー、疲れた!!1時間の講習でこれだけ読んだけど、どれが重要かいまいちわからんw
講師の先生が、口頭で特にコメントしてたところをピックアップしてみたけど、こんなもんでいいだろうか。。。。


まぁなやんでもしかたない!明日もう一回復習して、試験を待つとしよう!雪上試験で落とされるならともかく、机上で落とされるわけには絶対行かないからな!夜は時間が許す限り、復習を頑張ります!



ではではー