TOEIC955点スキーヤーサトシ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【星空初心者】星空を楽しむための星空入門アイテムまとめ



こんにちは

最近、ビジネス星好きをしているサトシです。

「ビジネス星好きってなんぞや?」という声が聞こえてきますね。えぇ、よく聞こえてますよ




わたくし、最近本業の仕事のほうで、星空関連の部署でお仕事をすることになりまして星空に関しての知識を付けなければいけなくなったんですね。(星なんて全く知らないです)えぇ、困りました。






そして、その知識を人前で披露する必要があるかもしれないんですね。えぇ大いに困りました。





自分の10の知識をを人前で魅力的に話したい場合
自分の頭の中では100の知識を備え、さらにその100の知識は脳内できれいに整理整頓されていなければ、人を魅了するお話はできません

僕はそう思うわけです・



そのため、僕は星を体系的にしっかりと学びつつ、さらに人が聞いて「ほぉーなるほど」「へぇーへぇー」となるように星を勉強話せるように勉強しなければいけなくなったわけです。(やりがいはある)でも、心配で禿げそう。



そんな僕ですが、この2週間星空関連の知識を得ようといろいろなものに手を出してまして、少しずつ星空について知識がついてきました。(※そしてちょっと星空が好きになってきました



2週間の経験ではありますが、むしろ2週間の経験だからイイ!!(初心者の気持ちがよくわかるからね。僕もまだズブの初心者)



どんなものが星空の勉強に必要なのかをこれから星を勉強したいあなたに、ご紹介したいと思います。



「星空を見るには、お高い何十万もする天体望遠鏡が必要なんでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、僕はビジネス星空マンです。根っからの星好きではないので、そこまでお金はかけません!すこーしお金をかけながら星を勉強できるようなアイテムをご紹介します。







星空入門アイテムその1~ 星の案内人[漫画]~

星空入門アイテムの1つ目はコチラ


漫画、「星の案内人」(全4巻)です。


物語はこんな感じ。

自作のプラネタリウムを持つじいちゃん。彼のプラネタリウム”小宇宙”にはなぜかいつも心に傷を負った人が迷い込む。迷い人たちが星空とじいちゃんの魅力によって、それぞれの人生をまた新たに歩みだす。プラネタリウム小宇宙とじいちゃんは、優しくも力強い。そんな小宇宙で繰り広げられる日々のお話。



「星空を勉強しなきゃー」と思うと、まず星座の名前を覚えたり、ギリシャ神話を覚えたり・・・・・しようとしますよね



「いや、それって好きじゃないとできなくね??」です。



野球を始めるときは、まずバットでボールを打ってみたいんです!
サッカーを始めたときはまずボールを蹴りたいんです!


それを星空勉強に置き換えると、この「星の案内人」がバッティングでありシュートなんです。(説明ややこしい?(笑))



とりあえず、漫画で星についてのお話をかるーく読めるんです。敷居低いです
でも漫画だからと言って侮るなかれ!



じいちゃんの星の話、めっちゃおもろいから!!

↓↓これがじいちゃん
f:id:otamaki:20170418005200p:plain




軽く読み流しても物語はわかるので、一回目はさらーっと読めばいいですよ!でも2回目、「星ちょっと覚えたいかも」と思いながらじっくり読むと、星の豆知識や面白い神話の話、星空が人生について教えてくれること。みたいな話をいっぱいしてくれます。

星空学習入門にはこの漫画、超オススメ!!



星空入門アイテムその2~爆笑!星のお兄さんプラネタリウムショー~

漫画[星の案内人]で星にちょっと興味が湧いてきたら、次はコチラ!


爆笑!星のお兄さんプラネタリウムショーです!

f:id:otamaki:20170418005413j:plain
ほんとにかってますw(※くっそー、見るからにやすそうなパッケージで4000円も取りやがって・・・)


おっと失礼、心の声が(笑)



実際、外側のパッケージやイラストなんかは安そうです・・・
メインのプラネタリウム解説の動画も安っぽいんですが


星のおっさ・・・もとい、お兄さんの解説は面白い


プラネタリウムということもあって、実際の星にイラストを重ねて説明してくれたり

星座ごとにあること、ないこと話しながら面白可笑しく進めてくれるので、何となーく面白い話とともに、星座の名前や知識、どの季節の星なのかっていうのが頭に入ってきます。




春の星空、夏の星空、秋の星空、冬の星空と4つの季節でそれぞれ10分~15分程度の動画が用意されてます。

本や文章で能動的に学ぶのが苦手な人は、DVDから入るのもいいと思いますよ!!





星空入門アイテムその3~世界でいちばん素敵な夜空の教室~

漫画も読んで、変なおっさ・・・もとい、お兄さんの話を聞いた後はコチラ


世界でいちばんすてきな夜空の教室です!
f:id:otamaki:20170418010032j:plain

綺麗な星空の写真がたっくさん掲載されていて、その中に文字は少なめですが「へぇー」と思える星の話がたくさんちりばめられてます。


ただ、これを星の知識まったくなしで読み始めるのは、苦しい人もいると思います(※僕も実は、この本をいっちばんはじめに買ったんですが、知識として定着はしませんでした。でも、漫画→DVD→この本、の流れで勉強していくと「あぁ!これじいちゃんが説明してたやつ!」とか、「あ~これおっさんが言ってたやつやわ」と、点が線としてつながっていく感覚があります)



そういう知識の点知識の線として繋がってきたらこっちのもん!!知っている知識が出てきたら、楽しく復習になるし、新しいことは「知らなかったー!」という感じで新しく知識にしていけます。


漫画・DVDなんかで、ちょっと星についての知識がついてきたらこの本いいですよー!!


星空入門アイテムその4~星座早見盤~

これはまだ手元に届いていないのですが、Amazonですでに注文済み!!
ビジネス星空マンの僕が、一番楽しみにしている星空アイテムの1つです。

星座早見表って、青くて安っぽいイメージありません?(青色の厚紙に、白い丸で星の場所が記してあって、その点と点を黄色い線でつないで星座の名前が書いてあるイメージ)


この渡辺教具製作所 星座早見盤 スターハーモニー 1109(星座絵入り)の早見盤を選んだ大きな理由は、黒いから!!

黒いだけでちょっとカッコイイw


とまぁ、冗談はさておき


星座早見盤のいいところは、季節によって実際に見える星と見えない星を一枚の盤上で把握できること。

この早見表で位置関係をしっかり覚えておくと、「あー、今春だからこの☆が見えて、この☆の近くにはあいつがいるなー」みたいな感じで、正しい星座を正しい時期に探すことができるようになります。(※なるはず!が正しい表現ですね、なんせ僕の手元にはまだ早見盤が届いてないわけですから。ガハハ)


でも理論としては正しいはずぜよ!


星に興味が出始めてきたあたりのステップで、この星座早見盤は良いアイテムのはず!
価格も送料込みで1500円(込)程度。(※べらぼうに高い、星のおっさんのDVDよりは買い求めやすいですw)



星空入門アイテムその5~双眼鏡・ビクセンアトレックライト6×30~

ビジネス星空マンサトシ、ついに双眼鏡に手を出しましたよ(笑)
(※結構本気じゃねーか!という突っ込みが聞こえきそうですね。でも双眼鏡の中では高くないヤツだもん!!)


星空業界では泣く子も黙るビクセン社。

超高額な天体望遠鏡とかも出されているんですが、初心者の星空観察にはむしろ天体望遠鏡よりも双眼鏡


天体望遠鏡でできること→木星のしましまを見る。土星のわっかを見る。
双眼鏡でできること→肉眼で見えてる星の色や形がなんとなく見える。肉眼で見えない星も見える。



天体望遠鏡が必要なのは、結構マニアックなものをしっかり見たいときなんですよね。

かるーく夜空星を見上げながら、「あいつはなんだっけな」「あー、アンタレスの色見たいぜ」って言ってささっと首にかけている双眼鏡で星を見るのがまずは入門編としてはオススメ(だそう)です。


僕の好きな星空ブロガー宙ガールの「うららん」さんという方がいます。
その方は、双眼鏡を片手に星を眺めることを「星空さんぽ」とよんでます。肉眼で見えない星を覗くことで、宇宙を覗いている感じがする。宇宙を散歩している感じがする、といことで星空散歩と呼ばれているそうです。


(カワイイやないかい)



そんなことで、僕も「星空さんぽ」をぜひやってみたいということでビクセンの双眼鏡アトレックライトを購入。
アマゾンで8700円程度で買えました!(定価では一万円だったから、安くなっててよかった。)


こちらも星座早見盤と同じく、近々届く予定ですので、使用し始めたらまたレビューしましょうね


番外編~星空の下でキャンプ~

星空を眺めるために、テントまで買ってしまいましたよ
(※認めるよ、ビジネス星空マンはほんとの星空マンになってしまったんだよ。。。お金かけすぎだよ(笑))


星空を知るのが楽しいからですかね、テントまで買っちゃいました(笑)
キャンプ系の記事は、一覧でまとめておりますのでコチラからご覧ください。

キャンプ カテゴリーの記事一覧 - TOEIC955点スキーヤーサトシ



まとめ

以上、ビジネス星空マンもとい、星空マンサトシが星空初心者向けの、星空入門アイテムをまとめてみました!

漫画→DVD→書籍→星座早見盤→双眼鏡もって実際に星空観察の流れは我ながら、しっかりした学習の流れかな

と思ってます。

星空関連の仕事は夏でございますので、それまで日々勉強!星空兄さん頑張っていきますよー!


わっしょい