TOEIC955点スキーヤーサトシ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モバイルボヘミアン。生きたい人生を生きるためにオリジナル個性作りに注力しよう



こんにちは、長野県スキーヤーブロガーのサトシです



ついに販売されましたねー!待ってましたー!

四角大輔さん、本田直之さんの共著であるモバイルボヘミアンが販売されましたー!


ノマドという働き方をされていたこのお二人が、次のステージに進んだらしい!そのステージが「モバイルボヘミアン」!かっこえぇなw



どういう風に生きていきたいかは、人それぞれ。四角さん、本田さんのように世界中を飛び回る働き方も素晴らしいだろうし、挑戦してみたい。




あなたはどんな生き方をしていきたいですか?





僕は会社で自分の居場所があり、今はそれを大事にしています。退屈な作業が1年中続くような仕事でもなく、むしろ次へのステップ、次への取り組みが新しく、大変だけれども楽しみな状態です。



そんなモバイルしていこうと思っていない僕でも、この本から得たことがあります。それは


「複数のスキル」を掛け合わせて、自分だけの価値


オリジナル個性



を作ることの重要性です

そして、オリジナル個性というのは僕も属している中小企業のような、小さめの組織で働いている人ほど重要だと感じます



あなたはどんなスキルを掛け合わせて、オリジナルな自分になりたいですか?








オリジナル個性とは


1つのスキルではなく、複数のスキルの組み合わせで生まれたオリジナリティを持つ個性のこと。


オリジナル個性を持つとどうなるかというと

独自性が強くなり、ほかの人との差別化、「この人しか生み出せないアウトプットだね」と言われ、自分をブランディングしていく事が可能になる。


本田直之さんの掛け算は

サーフィン×トライアスロン×ワイン×グルメ×会社経営×ハワイの海辺


ハワイの海辺済む、サーフィン好きなトライアスリートがワインと、グルメに詳しくて会社経営もできる。
これがオリジナル個性。
まず、他人より秀でる何かで6つも掛け算できるのがすげぇ。。。って感じますね





四角大輔さんの掛け算は

フライフィッシング×登山×自給自足×オーガニック×音楽プロデューサとしてのブランディング能力×ニュージーランドの湖畔の森


フライフィッシングも登山も、アウトドア雑誌に掲載をされるほど精通しているレベル。
元々は綾香やケミストリーを輩出した凄腕音楽プロデューサーがニュージーランドの湖畔の森で、自給自足をしながら生活している。

か、掛け合わせるスキルのレベルがやべぇ。。。



この生き方を「ハードルが高い」と思うだろうか
‐引用 モバイルボヘミアン


いや、ハードル高いでしょ!!(同じようなレベルで掛け算しようと思ったら)

確かにリスクを伴う生き方だと思うかもしれない。しかし、忘れてほしくないことは、ぼくもダイスケもかつては、今この本を読んでいる多くの人達と同じ会社員だったということ。そこから「準備」と「実験」、そして「失敗」と「成功」を繰り返して、今のこのライフスタイルにたどり着いただけなのだ。

あー、そうなんだ。俺もいけるわ!とは思えないけど

もうちょい低いレベルでの掛け算なら出来そうだ。そこから初めて見るのが良いかな





中小企業で働く人ほど、オリジナル個性が必要

ちょっと話を横道にずらしますが、僕は中小企業で働いています。
そして、中小企業で働く人ほど、会社にインパクトを与えるためには強いオリジナル個性が必要だ!と思います。



中小企業のような小さい会社では、個人個人の力がそのまま会社の売り上げに直結します。
僕の会社に限った話ですが営業部署に人が5人しかいません。


企画・宣伝・広告・広報・運営などを少数でやっています。
その時によく思うのが



「あぁー自分でできたらいいのに」



たとえば、ポスターとかパンフレットの作成


  • 外注するとお金がかかる
  • デザイン能力・センスがないので、外注先のデザイナーのアウトプットにうなずくしかない

イラストレーターとかフォトショップとかを使えるスタッフがいないので、使えるだけで会社の中で一歩抜きんでます。
パンフレットなんかを作れるようなことになれば、会社の経費を減らせる=利益拡大につながります




お次は経営能力


中小企業で働く人間は、会社の1作業をやるだけの歯車ではいられない、いてはいけないと思っています
平の営業部員であっても、会社経営能力があり会社の経営状況がわかっていれば


自分の担当しているこのプロジェクトに「予算をどれだけお願いできるか」を経営視点で考えて相談することができます。

僕にはいまこれが出来ません。上司に「いいよ」と言われたらその分お金を使いますし、「だめだよ」と言われたら

「すみません」とあ諦めるしかありません。






中小企業で働く人ほど、自分という個人に


(例)
×デザイン能力
×会社経営能力
×英語
×中国語
×個人としての発信力
×個人としての人脈
×多方面への興味・アンテナ力


など、個人として仕事を作っていける力を掛け合わせていくべきで
会社の経営に直接インパクトを与えられるようなオリジナル人材になっていくべきですね(会社としては、「なんと素晴らしい人材」なんでしょうw)







僕がなりたいオリジナル自分

話をオリジナル個性に戻して、僕自身について。





なりたい自分をイメージ!!


スキー×登山×キャンプ×ブログ×ヨガ×写真×絶景×英語×会社経営能力×海外と日本



みたいな感じです!おぉー、自分でみてても意外と面白い。

  • スキーが上手で
  • 山に詳しくて
  • どこでもキャンプを張って
  • ヨガ男で
  • 絶景をめぐり
  • それを写真に収めて
  • 英語を使いながら
  • 海外と日本を移動し
  • 会社経営の能力も持ちつつ
  • それをすべて、個人として発信していく


すごい、自分でこんな風にしたいんだ。。。

オリジナル個性を考えるのって、自分の生きたい人生を考えることなんだ!

ヨガとかあんまりやってないのに、やりたいんだな、俺(笑)



そうなんです!!

オリジナル個性リストって、自分の生きたい人生そのままなんですね!!
もちろん、どれかの能力がズバ抜けて伸びていけば、それに関連して新しい能力・新しい仕事が生まれてきたりもするでしょうが



今の時点であなたのしたいことはこれです。と、教えてくれるのが【オリジナル個性リスト】






僕の現実はというと

スキー(インストラクター)×英語(TOEIC955点)×登山×長野住まい


んーまだまだダメダメですね。でも気づきがあります!




キャンプはほとんど始めれれていないわ
→キャンプすぐ始めよう!


会社経営能力ゼロ
→会社経営に関して、ガンガン質問していく!!


個人として発信力全然ない!
→【自分のやりたいこと】を趣味でいいから行動に起こし、個人つぃてSNSで発信していくっていうのが必要だなぁ



絶景×ヨガ×キャンプ×登山×写真はシナジー効果ありそうだな
絶景×ヨガ×キャンプ×登山を掛け合わせて、登山で自然をあるいて、きれいな湖畔にキャンプを張って、朝に絶景の湖横でヨガ。


みたいな



ふむー、現実と理想を埋めていけるように行動していきたいですね



まとめ


あなたは、自分にどんなスキルを掛け合わせていきたいでしょうか

この機会にぜひ考えてみては