TOEIC955点スキーヤーサトシ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日帰り8時間ドライブで、八木仁平さんとボードゲームしてきた話

オススメ記事

スポンサーリンク

こんにちは、長野県を代表するスキーヤーブロガーのサトシです



先日、東京に引っ越しされたばかりのやぎぺーさんこと八木仁平さんの家にボードゲームをやりに行ってきました!


やぎぺーさん、最近ボードゲームにめちゃくちゃハマっていて、人数集めるためにSNSで「僕とボードゲームしませんかー?」って呼びかけられてたので行ってきました。





↓↓↓やぎぺーさんはこんな人↓↓↓
www.jimpei.net




一緒にボードゲームをした方があと二人!全員ブロガーさんです


↓↓↓ようへいスタイルのようへいさん↓↓↓(カナダのウィスラー在住の方)
www.yohey-hey.com




↓↓↓意識高い系ズボラのワナベーさん↓↓↓(普段は顔出しされてないので、初めてお顔を拝見しましたw)
www.wanabe.net





やぎぺーさんは、僕がブログを勉強している八木仁平のブログカレッジの学長さんでもあります。
スカイプなどで、1回か2回お話ししたことはあったんですが直接お会いしたのは今回が初めて。






わざわざ、長野から東京に日帰り交通費1万5千円かけて8時間もドライブして東京に行ったのも、やぎぺーさんに会いたかったからなんですね




そして「この人に会えばきっと成長できる」という「妄想」をはやく消すために東京に行ってきました。






ボードゲーム行ってきた話じゃないの?「妄想を消す・・・?ナンノハナシ?」




今回、日帰りドライブ8時間でボードゲームをやりに行って気づいた「妄想」についてちょっとだけご説明!

そしてボードゲームが楽しかったー!っていう話をしますw






この「妄想」って結構あなたの身近にもある話だと思うので読んでいただければと思います。

そして「妄想」を消さない限り、あなた(僕)には成長はないということに気づいてもらえればと思います





「こうすればこうなる妄想」をしているかぎり、その場から成長できませんよ


僕が思う「妄想」を「こうすればこうなる妄想」と名付けましょう

こういうことです


  • TOEICで900点取ったら人生が変わる
  • ジムに行ったら痩せる
  • 料理教室に行ったら料理が上手くなる
  • 本を買ったら賢くなる



こういう考え、良くありませんか??




TOEIC900点取ったら、人生変わるよな。ジムに行ったら痩せるよな。料理教室行けば料理上手くなるよな。本を買ったら賢くなるよな。


そう思うのは間違っていません。


TOECIを取れば人生変わる可能性変わる可能性があるし、ジムに行ったら行かないより痩せるかも。料理教室にいけば上手くなるかもですし、本は読めば賢くなる可能性もあります。



でも、現実に「行動してない」かぎり「妄想」でしかないんですね。


そして「こうなればこうなる妄想」は「行動」しないかぎり「妄想」でしかなく、その場から成長できないままなんです。









ブログのタイトルにもありますが、僕はTOEIC955点を所持していて、英語でスキーを教えるスキーのインストラクターもしています。




英語が話せると海外の人とも話せるし、英語で仕事もできるので職場でも頼りにされます。お給料にも少しは反映されてるのかな?これから反映されるのかな?(笑)。仕事以外では日本にいる限り、あまり英語は使わないので、「話せないよりは話せたほうが良いな」と思う程度。



それよりも、人として成長していくには、英語以外にも頑張らなきゃいけないことがもっとある!と思っています



この簡単な5つの気づき

  • 海外の人とコミュケーションがとれる
  • 英語で仕事ができ、職場でも頼りにされる
  • 給与はそんなに上がってない
  • 英語話せないよりは話せたほうが良いかな
  • それより、英語以外も頑張らないと成長できない




という5つの気づきもTOEIC955点をとって、実際にその状態で生活したから気づいたんですよね。


英語の勉強もせず、TOEICの試験を受けもせず、「英語を話せると良いと思うんだよねー」と言うだけの人は永遠に気づけないと思うんです



・英語で仕事ができることの利点
・英語を学んだ向こう側に、もっと学ぶべきことがあること


この気づきを得ない限り、成長はないと思います。(そして僕自身は今後、英語の向こう側の学びについて「妄想」を持つだけでなく「行動」していくことが必要なわけです。)






偉そうに、自分に浸って語っているわけですが、僕自身にもめちゃくちゃ当てはまることなんですよね。


僕もブログを細々と書き続けてるわけなんですが、ちょーっとずつしか成長できないんです。


そんな僕がここ数か月抱いていた「妄想」が

「ブログがすごいやぎぺーさんに会って、話を聞いて、勉強すれば、自分もブログも成長する!!」


妄想度合いがすごいですね(笑)


ブログについての情報なんて、Googleにどこまでも転がっています。
成長できないのは、自分が努力してないからです。
でも、その事実を認めたくなくて「やぎぺーさんに会えば成長できる」と「妄想」を抱いていたわけなんですね





でもついに、先日やぎぺーさんい直接お会いして「妄想」を消すことに成功。


ブログは

  • 自分で情報を集め
  • 自分でブログに反映していかないと成長しない

という気づきを得ました。(というか、現実にやっと目を向けられましたw)





と、これが僕が長野↔東京日帰りで、ボードゲームだけをやりに東京まで行った理由です






プレイしたボードゲームまとめ


さーて!
前置きがめっちゃ長い(笑)


本題のボードゲームにいきますよw


やぎぺーさん、ようへいさん、ワナベーさんとプレイしたボードゲームをご紹介!
大人になってからのボードゲームは頭を使うので、久々に頭脳戦という感じで刺激的でしたw



命の砂時計


【概要】
プレイヤーは、余命残り僅かな少女の「運命の導き手」となり、命の砂時計が尽きる前にゴールを目指します。しかし、少女の病気を完治させる「治癒陣営」の中に、密かに少女の命を蝕む「病魔陣営」が紛れ込んでいます。カードの効果を駆使しつつ、敵陣営より先にゴールを目指しましょう。

というゲームです



「カワイイ女の子を救うためにガンバルゾー!」と、いい大人4人でプレイしましたw

ゲームのプレイ時間的には15分~20分程度でサクサク進みました。

ゲームの一番のポイントは、女の子を救おうとしている陣営に、紛れ込んでいる【病魔】という役割の人間が、いつ自分が【病魔】ですよー!と明かすか!そのタイミングが一番面白いかな。


【病魔】であることを明かしたあと、いかに【病魔】らしく振舞うかも楽しみの1つかとw


f:id:otamaki:20170419141601j:plain
絵柄がカワイイ


f:id:otamaki:20170419143132j:plain
手札は少なく、常時1枚を手元に持っている。「何も起きない」御守りっていったいなんぞw


f:id:otamaki:20170419143259j:plain
ゲームは、すごろく形式。止まったマスのカードの能力を使ってゲームを優位に進めていくというゲームです。


‐【感想】

【病魔】の振舞い方と、【治癒チーム】がどうやって協力していくかという作戦。全員初見でのプレーでも楽しくプレーできました。2回目は、みんな慣れてきて戦術も出てきたので何度やっても楽しめそうですだなと思いました







4人の容疑者


【概要】
プレイヤーは、滞在していた温泉旅館で起こった殺人事件を解き明かすため、4人の容疑者のアリバイの中で、「裏付けの取れないアリバイ」を特定することを目指します



f:id:otamaki:20170419143907j:plain
なんだか僕たちが容疑者みたいな写真になってしましたが(笑)


f:id:otamaki:20170419144000j:plain
各々この紙をもって、犯人が誰かを推理します。


ゲームのポイントは

  • ゲームの中で行われる質問と回答をしっかりメモに取ること
  • メモから導かれる答えをきちんと書き込むこと
  • カードの特殊効果によって行われる「嘘の証言」を見破ること
  • カードの特殊効果によって「自分だけ情報」を得て他の人を出し抜く

2回ほどプレイしましたが、一回目は「どうやってメモ取ればいいの?」「質問内容なんだったっけ?」みたいな感じで、誰一人正しい答えを導き出すことが出来ませんでした(笑)


2回目は、答えにたどり着くための鋭い質問をみんなできるようになって、ゲームがより楽しくなりました。

思考力が必要なゲームなので、大人が頭を使って楽しめるゲームでしたね!





それはオレの魚だ!


【概要】
プレイヤーはペンギンの群れを操り、氷原の魚を取り合っていくが、魚を捕るたびに氷原は小さくなっていくため、自分の担当するペンギンたちを、どのように移動させていくかがポイントとなる。相手のペンギンの動きをうまく封じつつ、自分のペンギンたちの周りをできるだけ広く確保していこう。



f:id:otamaki:20170419145743j:plain
それはオレの魚だ!タイトルがいいですね(笑)
ゲームの内容もそのままです。「おいおい、それはオレの魚だぜ」と、魚を取り合うゲーム



f:id:otamaki:20170419150100j:plain
最初は、このような感じ。六角形の氷の下に魚がいて自分が止まったマスの魚をゲット!ゲットした後、その場の氷はなくなってしまい、行動範囲が狭くなるというルールです。
オセロとか、囲碁とか、そういう盤上のゲームと思考回路は近いのかもしれません。僕はこういうの弱いですw



ポイント

  • 4人でプレーすると、自分の思い通りにならないことが多い
  • 早めに自分だけが魚をゲットできるエリアを作れると有利


僕自身が弱いので、あまり的確なポイントを挙げられません。。。次回プレーするまでにちょっと考えなきゃな





まとめ

今回、やぎぺーさん、ようへいさん、 ワナベーさんと交流できて楽しかったなぁ。実は、ブログーさんと直接会うのは今回が初めて。いつもパソコンにしか向かい合ってないので、直接同じようにブログをしている人たちと会うことに意味があることはわかりました。

もっと頻繁にそういう人たちと交流できれば、面白いんだろうなと思いつつ、長野に住んでると正直難しい部分もあります。

今後は、自分が本当に参加したいと思うイベントや、会いたいと思う人に会えるチャンスがあれば長野を飛び出したいと思います。(ボードゲームはめっちゃ面白かったです。。。がもう一回日帰りドライブで行くのはつらいので、何か他のイベントと抱き合わせでボードゲーム大会があればやりたいな(笑))



ボードゲームを実際本気でやることはあまりなかったんですが、大人になってからのゲームは楽しい!それに、僕自身負けず嫌いなので勝てるように必死に考えてプレーしてました。今度もそうやって考えられる人が集まってワイワイできるといいな。



やぎぺーさん、ようへいさん、ワナベーさんありがとうございましたー!
また、お会いできる機会があることを楽しみにしてます!


では