TOEIC955点スキーヤーサトシ

トライスキーでスキー初心者2倍速上達!!インストラクター推奨です

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:otamaki:20170521220159j:plain



スキーインストラクターしてます、サトシです!!




自分のこどもがスキーがなかなか上達せず困ったぁっていう経験ありませんか?


こどもではなくても、一緒にスキーに行った友人がなかなかスキーが上達しなかった



なんてこともあるんじゃないでしょうか。






僕はスキーのインストラクターをかれこれ5シーズンほどやっています。

お客様でパパッと上達できるひともいれば、「・・・やべぇ、どうやって教えよう」って人も正直います。千差万別十人十色




すべてのお客様を「短時間で・安全に」上達させることが僕の使命ですから、色々な指導法を試しました。

そして僕が行きついたのがコチラのアイテムだ!!





え!スキーインストラクターなのに、こんな道具つかっちゃうの!?


って思った方、いますか??





バンバンつかいますよ!!←



お客様を、「短時間で・安全に」上達させるには、このトライスキーがめちゃくちゃいいんです

このトライスキー、スキー初心者に使えば通常の2倍速、いや3倍速くらいで上達してしまうアイテムなんです!



価格はYahoo!オークション中古であれば、たまに1,000円程度で売ってます

アマゾンなどでは3,400円~4,200円くらいで販売されてますね



子供だけじゃなく、大人でも使えるんですよ!!


大人も子供も関係ねぇ!初心者には迷わずトライスキーだぜ!!






目次

トライスキーの何がいいか。


こうやって板の先に装着します

f:id:otamaki:20170521221329j:plain

装着は、簡単!ねじがついてるのでスキーの先にキュキュっとつけるだけです。

写真のように、板の先がトライスキーから出なくても大丈夫。ちゃんと装着できてます。








パッと見、よたよたの初心者ですが

f:id:otamaki:20170521221344j:plain








しっかり自分で八の字を作って降りてくることが出来てます

f:id:otamaki:20170521222340j:plain







トライスキーのいいところは、ココなんです!!

スキーの先が固定されているから、あとは足を開くだけで八の字が作れて(ほぼ)勝手に止まれる!!









スキーのレッスンを習いに来てくれるお客さん、大体2時間レッスンを受講されてます。

限られた2時間で、どうやってたくさん滑ってもらおうか





最初は「俺の指導力で、お客さんを上達させてみせる!」みたいなこだわりもあったんですが

言葉で止まり方100回説明されるより、カンタンに止まれるシステムを作ってあげたほうがお客さんも楽ですよね←僕もラク






ほんとに足を開いて、ちょっと体重のかけ方を教えてあげればこれくらいの斜面滑れるようになっちゃいます

f:id:otamaki:20170521222928j:plain







使わない理由はない、マジで




トライスキーは子供にこそ使おう


トライスキーは大人初心者に使っても、バツグンの効果を発揮しますが

子供でもその効果は変わりません




子供に使う時にも、実はメリットがたくさんあるんですよ!!




子供がスキー場で早く自立する


そう!トライスキーをつけてあげることで、自分で泊まれるようになった子供は親の手を離れてドンドン滑ります




これまで子供を抱えて滑ってたお父さん!お母さん!

その苦労から解き放たれるときがきましたよ!




こどもも、いつまでも抱えられて滑ってたんじゃ、自分の足で立てないから上達もしないよね!(なんか人生みたい)


トライスキーで子供の自立支援をしてあげましょう


3歳~4歳を滑走中に持ち上げても、板がばらつかない


イメージ湧くきますかね

3歳、4歳を股の間に入れて、子供の脇を抱えて滑ったりしますよね。


そのとき、トライスキーをつけていると板の先端がくっついているので板がバラつかず安定して滑れます。

逆に、トライスキーなしでは板が2本バラバラになり、片方だけ板が雪に取られて「グワッ」てなったりします。



とりあえず、子供にもトライスキーあったほうがいいぜって話!!








トライスキーと組み合わせると最強なアイテム


トライスキーを組み合わせると最強のアイテムがこちら

コーチングベルト↓↓




子供が、トライスキーで自分で止まれるようになりました!

そのあと心配なのは、スピードを制御せずガンガン滑ってしまったり、変な方向に勝手に進んで迷ったり、変なとこに突っ込んじゃうことです・






それを阻止してくれるのがコーチングベルト!





このベルトで、スピードを調整しようとは思わなくて大丈夫です。

スピードの出しすぎ、変なほうに行っちゃったときのセーフティネットとして使ってあげればOK。



通常時は、すこし緩くたるませておくくらいでいいですね。



トライスキーのデメリット


最後にトライスキーのデメリットを1つ。

デメリットというほどのものではありませんが。




トライスキーを一度つけて慣れてしまった人は、トライスキーを外すのを怖がります。

「大丈夫だよ!上手くなったから」といってもやっぱり不安です


そう、トライスキーのデメリットはトライスキーの外し時が難しいこと







トライスキーの外し時の目安だけお伝えしておきます。


トライスキーを付けたまま、スムーズにターンが描けるようになったら



このタイミングで大丈夫です。



まっすぐ進んで、止まれる。程度のレベルではまだまだ不安定。



ターンが描けるなるくらいまで上達すれば、トライスキーを外した時の不安定さにも耐えられます。




トライスキーを使ったら、ターンまで一気に教えちゃいましょう




まとめ

以上、スキーインストラクターによるトライスキー紹介記事でした!!


トライスキーは1000円~4000円くらいで、新品だと4,000円くらいします。

「んー、ちょっと高い」となるとは思うんですが、効果はお値段以上です




考えてみて!スキー場に来れるのは年に数日!!その数日を最高に楽しむための4,000円投資、決して高すぎることはないと思いますよ!!



ほなねー