TOEIC955点スキーヤーサトシ

ニュージーランド10スキー場まとめ【海外でスキースノーボード】

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:otamaki:20170527231710j:plain


カナダ・ニュージーランドでスキーしたことあります、サトシです




ニュージーランドでもっともっとスキーしたいな。

そう思って日本語でニュージーランドのスキー場を調べたところ

全然情報がないじゃないか・・・



日本語でだと、旅行客に有名なスキー場いくつかはピックアップされてますが、それも情報は薄め。。。

よし、英語でニュージースキー場を調べながら日本語でまとめちゃおう!



これから、ニュージーランドでスキー、スノーボードをしたいと思っている方の

スキー場選びになれば幸いでございます。



ニュージーランドのオススメ10スキー場まとめ

1.CARDRONA(カードローナ)

www.cardrona.com


ニュージーランドのスキー場情報を調べると、色んなサイトでオススメトップ3に表示されるスキー場。

それが、カードローナ


各サイトでの紹介をまとめると

どこのスキー場に行くか、迷っているならカードローナがオススメ。だれにでもオススメのスキー場といえばカードローナだから。


こんな感じで紹介されてますね!←ざっくりしすぎや



カードローナスキー場でできることは

・スキー/スノーボード
・スキー学校でレッスン
・景色を観光
・チュービング(雪上をタイヤみたいなモノにのって滑るアクティビティ)




スキー場の設備は

リフトが6機あり←海外のリフトは長いから、6機あれば十分楽しめるはず


、そのうち1つがChondola(チョンドラ?)と言われるゴンドラもとリフトの複合機も2017年に新しく作られるそうで!




ゲレンデの斜面レベルの割合は

・25% 初心者
・25% 中級者
・30% 上級者
・20% 超上級者


とかなり多様←初級者割合がちょっと少な目。でも、初心者用ゲレンデと、ベルトコンベアもあるみたいなので初スキーの人への対応はばっちりそうだ






ワナカという、静かな町がベースタウン。ぜひ行ってみたいね!





2.THE REMARKABLES(リマーカブルズ)


www.nzski.com


このスキー場は、僕の友人Hanniちゃんが働いているスキー場でもあるんですね!

NZskiという会社が経営するスキー場でもあり、後程紹介するコロネットピーク、マウントハットスキー場との共通リフト券なんかもあります。

ベースタウンはクイーンズタウン、車で30分程度の距離。

山に登り反対側を見ると、コロネットピークスキー場と向き合っています。




メインのチェアリフトから、幅広のコースが複数あり、初級者・中級者がスキルを磨くには完璧なスキー場です。クイーンズタウンのエリアではパークアイテムは他の追随を許しません。

という説明通り

・30% 初心者
・40% 中級者
・30% 上級者

と初級者・中級者割合が7割と、優しめのゲレンデのようですね!ぜひ行ってみたい



ハニちゃんに会うためにも、ぜひ行きたいスキー場の1つだ



3.CRAIGIEBURN(クレイギーバーン)

craigieburn.co.nz


日本人にはあまりなじみのない、クラブスキーフィールドです。

クラブスキーフィールドというのは、運営資金をクラブメンバーのメンバーフィー(寄付金みたいなもの)で賄っており、クラブメンバーの為に運営しているスキー場です。一般のビジターも滑ることができるらしい。


リフトのようなものはなく、ロープトゥのみ(ワイヤーをつかんで斜面を登る)

圧雪車もなく、レストランもないスキー場だけれど山を滑る

という日本ではなかなかできない楽しみが出来るスキー場



そのロープトゥのチケット代金は75ドル(約5850円)



日本のスキー場と比べると高いけど、ニュージーでは安いほうだね



日本にはないスタイルのスキー場、ぜひ一回行ってみたい

ただ、英語ができなかったり自分で車で移動したりできない人は、アクセスや宿泊予約などが難しそう・・・

日本人にはちょっとレベル高いイメージしますね





4.TREBLE CONE(トレブルコーン)

www.treblecone.com

ここのスキー場は一度滑ったんですよー!会社の視察で!http://www.treblecone.com/


リフト2基しかないのに、550ha滑ることができるすげースキー場なんですよ!!(日本の最大サイズ志賀高原でも425haしかないのに・・・)



・初心者10%
・中級者45%
・上級者45%

とちょっと上級者向けのスキー場ではありますね


スキーリフト券1日、110ドル(約8580円)は、まぁまぁ高いですが

ニュージーランドスキー場では標準価格です。


上級者向けのスキー場なので、「腕に覚えあり」の方にはここ、おすすめです



5.MT HUTT(マウントハット)

www.nzski.com

マウントハットは「マウントシャット」とも言われるスキー場。マウントシャットの由来は、強風で頻繁にスキー場が閉鎖になるから。←売上心配だねw


リフトは5基で、365Haをカバー。

トレブルコーンと並び、ニュージーランドでは規模の大きめなスキー場です。https://www.nzski.com/mt-hutt



ファミリー向けなイメージがあるけど、一度は滑ってみたいなぁ

6. HANMER SPRINGS(ハンマースプリングス)

www.skihanmer.co.nz


ハンマースプリングスは、先ほど紹介したクラブスキーフィールドの1つですね←営利目的ではないスキー場


ホームぺージ見てもらうと判る通り、Webにもあまりお金かけてない感じですねw


滑走可能エリアは57haでリフト一本。ロープトー1つ。

サイズは小さいのかなぁ、と思ったけれどなぜか圧雪車はあってきれいに圧雪された斜面が売りらしい←クラブスキーフィールドには圧雪車はないと思ってたけどあるんだw





クレイギーバーンのほうが、個人的には好きそうだなぁー(笑)



7. CORONET PEAK(コロネットピーク)

www.nzski.com

先ほど紹介した、リマーカブルズの正面にあるスキー場。コロネットピーク


こちらもクイーンズタウンから車で25分の距離で、アクセスがらくちんなスキー場。
https://www.nzski.com/queenstown/the-mountains/coronet-peak


ここも視察で一回滑りました!!降雪機がめっちゃ多かった


そう、自然降雪がすくないため降雪機の数が半端ないんです。100機以上あったような


センターハウスも大きくて、設備施設はかなりレベルの高いスキー場でしたね!


クイーンズタウンに長期滞在して、もうちょっとゆっくり滑りたい



8. PORTERS(ポーターズ)

www.skiporters.co.nz


初心者にも上級者にも最適なスキー場・・・といいつつ、山頂エリアにいくには技術的に難しいTバーを3つ乗り継がねばならないらしい。

そして山頂に上り着いた暁には、上級者用斜面ブラックランをすべっておりてこなければならず、相当ハード。


めちゃめちゃアツそうなスキー場じゃねーか!!



リフト券は、他のスキー場と変わらず99ドル(約8,000円)

リフト3基、Tバー3基

いいですね




9. WHAKAPAPA(ファカパパ)

www.mtruapehu.com


ワカパパではなくファカパパと読みます。

ニュージーランドには珍しい、北島にあるスキー場です。



トレイルマップを見る限りは、かなり大きそうなスキー場だが・・・

リフトも8基くらいありそう・・・http://www.mtruapehu.com/winter/whakapapa/



ただ、Web上に情報がすくなくて・・・

もうちょっと時間かけて調べてみます


10. TUROA(トゥロア)

www.mtruapehu.com

ファカパパスキー場の姉妹スキー場です。

ファカパパと違い、南斜面に向いているため、ゲレンデコンディションはあまり安定していないらしい



北島に行く機会があれば、ファカパパ、トゥロアどっちもいきたいな



まとめ

10スキー場をリストアップしました

こんなスキー場があるよ、という紹介程度の情報量なので

今度は1スキー場ごとに絞って、最寄りもベースタウンの情報やアクセス、もっと細かいスキー場の情報をまとめていきたい。


それによって、僕自身のニュージー知識も高まるからね。フッフッフ



ではー