TOEIC955点スキーヤーサトシ

プライドを捨てる。自分がバカだと気づき、成長するためにできること

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:otamaki:20170705231657j:plain




ウェブメディア「灯台もと暮らし」「隠居系男子」を運営する株式会社Wasei代表の鳥井 弘文さんのツイッターが、ネット上をザワザワさせています。。。






ツイッターを見て、ドキッとした。



僕は、プライドが高すぎて、行動できない。

バカだと思われたくなくて、知ったかぶりをして「質問できない」ところがある





結局、行動しなければバカがバレないだけで

成功もできなければ、1mmの成長すらできないのにね




バカだとバレるのが怖くて質問できない


特に会社かな。

あとは憧れてる人と話すときとか、メールする時。





気に入られたいとか、出来るやつと思われたい気持ちが先行すると

自分が知らないこと、知らない内容の話になっても




そうですね

って言っちゃう。。。




それって何ですか??

って、自分がバカだとバレるのを承知で聞けば成長できるかもしれないのにね






ただ、会社に入って1年目、2年目は分からないこと・知らなければいけないことが多いよね

知らないこと全部全部聞いてたら、「自分ってほんとに何も知らないな。全然できないダメなやつだな」って気持ちが沈んじゃうかもしれない

そんな時は、たまに賢いフリをしよう。




たまには賢いフリして、傷つかないようにやり過ごしちゃうのもいいかもしれない。







心が元気な時は

バカになってもなり足りないくらい、バカであることをバラしながら人に聞けば成長できるかもね。







まとめ


成長するためには、バカをバラして質問するのが一番近道。



でも心がしんどい時には、賢いフリしてもいいかもね。






長い目で見ると、どれだけバカをバラせるかで人の成長は決まるのかもしれない