TOEIC955点スキーヤーサトシ

ドローン片手に世界一周・・・世界には僕が自分の目で見るべきものがもっとある

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:otamaki:20170723003326j:plain




世界一周

大学時代の就活のためのネタ作り、自分探しの時に「世界一周でも行くか」とよく聞いた





世界一周

聞きなれた言葉だった。面白いなんて1つも思っていなかった。







でも違った。






この美しい動画で、世界一周は素晴らしいものなんだと思った。

この世界には、僕が自分の目で直接見なければいけないものがもっとあると思った


山口夫妻の世界一周新婚旅行


とりあえずこの動画を見てほしい
www.youtube.com






なんて美しいのだろう。

ドローンによる映像だからだろうか、それだけなのだろうか。







世界には、自分の目で直接見なければいけないものがもっとあるように思えた。

そう感じない人もいるのだろうか。







でも、この動画を見て僕は「自分の目で世界を見て回るのは僕しかできない」と思ってしまった。

なんてこった。久しぶりの大きな衝撃だった







ニュースゼロに取り上げられた山口夫妻


ニュースゼロ
www.youtube.com





この動画で、ドローンでの新婚旅行世界一周についてはわかるだろう。




2人ワンルームの生活、2年で500万円の貯金。500万円の使い道は色々あるはずなのにこの夫婦は世界一周に費やした。

僕なら何にそのお金を使うだろうか。







400日間の海外旅行。

回った国数、計48









400日の間に、2人の間にどんなドラマがあったのだろうか。

2人と周囲の人達でどんなドラマがあったのだろうか。











自分の目で、体で、体感してみたい。






英語が出来るとインタビューが受けられる。世界が広がる


山口さん(旦那)のほうが英語が上手な動画
www.youtube.com






素晴らしいですね。

英語はできなくても生きていけるが、英語ができると世界が広がる。









発信力。

こういう旅行をするときに、旅行の様子を発信し続ければ誰かに届くだろう。







その時に日本語に加えて、英語で発信できるならば、受け取る人数の母数が圧倒的に広がる。








英語ができるということの素晴らしさを再認識した

そして、英語が出来るということを活かせる場所で活動することが自分を輝かせるのだと再確認






世界には僕が自分の目で見るべきものがもっとある

世界には自分の目で見るべきものがもっとある

そんな当たり前のことを、今日思い出した。






遠くの非日常に思いをはせている







遠くの非日常を夢見ながら

しかし、毎日毎日の日常を大事にしていこう