TOEIC955点スキーヤーサトシ

ゲスいは恥だが役に立つ!アクセスアップのための【アイキャッチ画像】3タイプを紹介

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:otamaki:20170704202204j:plain
※あくまでも真面目にブログ運営のためのアクセスアップ方法について書いています



書いているブログでアクセス数を増やしたい。

1記事だけではなく、ブログ内の関連記事をたくさん読んでほしい。




こういった悩みは、ブログ運営者であればだれでも考えるもの。

ブログのアクセスアップの本質は、「読者の役に立つもの」「質の良い記事」を書き続けることだけど

そんな良い記事を書いていてもアクセスが伸びないこともある



それはなぜか・・・




その答えは、あなたの記事のアイキャッチ画像にある

「アイキャッチ」とは「アイキャッチャー」とも呼ばれ、広告で「見る者の注意をいち早く引きつけるもの」を言います。
引用:アイキャッチ画像とは | Agrilot blog




良いアイキャッチとは、読者の目を引くもの、魅力的なもの。
もちろん、タイトルもアイキャッチ画像と同じく重要です






しかし、いくらタイトルが素晴らしくてもアイキャッチ画像が魅力的でなければクリック率も伸びません。




逆に言うと、目を引く魅力的なアイキャッチであればブログ内の回遊率もあがるし

SNSでのシェアされる際にも大きな力になります







ということで、今回はあなたのブログアクセス数をアップさせる

アクセスアップのためのアイキャッチ画像を3タイプ紹介します。



1,可愛い動物


f:id:otamaki:20170704112234j:plain


読者が思わずクリックしてしまうアイキャッチ画像その1は、カワイイ動物です



犬や猫などの可愛い動物は、男性よりも女性のクリック率が上がります。



f:id:otamaki:20170704201839j:plain

犬や猫は、穢れのないイメージ、純粋・愛らしいイメージなどがあるためそういったタイトルの記事と併せて使うとアクセスアップにつながります









2,赤ちゃん


f:id:otamaki:20170704202204j:plain

アクセスアップのためのアイキャッチに有効な画像その2は赤ちゃんです





あかちゃんのアイキャッチで一番有名なのは、こちらの本ではないでしょうか





上記の本は、20代の若者に生き方を考えさせるとってもエモい本です。
※「エモい」とは、「エモーショナルな」=「心に訴えかける」という意味




先ほどの本と同じように、ちょっとエモい記事を書くときなどは

「穢れのない」「純粋無垢な」「興味津々」なイメージをもつ赤ちゃんを登場させるのは有効です。






f:id:otamaki:20170704202723j:plain

こんな画像も使えそうですね







f:id:otamaki:20170704202858j:plain

こんな画像も使えそう










3,美しい女性

f:id:otamaki:20170705005224j:plain

アクセスアップのためのアイキャッチに有効な画像その3は、美しい女性です。
※これはグーグルアドセンスに登録している場合は注意が必要です。アドセンスでは、性的欲求を刺激するような内容は黒に近いグレー。アカウント停止になる可能性もあるので注意です。この写真は、ヨガ写真なので問題はないはずです。もっと刺激の強い画像のほうが、クリック率は上がりますがアカウント停止と比べると、まったくメリットはありません





これは特に男性読者に対して有効な戦略になります。

男性は頭のよくない生き物なので、きれいな女性の画像があるとどうしてもクリックしたくなってしまいます。



弱みに付け込むようですが、弱点はついていくためにあるものなのでどんどんつきましょう。










ポイントは、元気はつらつ系の女性よりも少しセクシーな女性のほうが男性には効果的

ゲスいですけどね(笑)




ゲスいは恥だが役に立つ!アクセスアップのための【アイキャッチ画像】3タイプを紹介


以上、アクセスアップに効果的なアイキャッチ画像3タイプの紹介でした




動物・赤ちゃん・女性のトリプルコンボです




タイトルをしっかりと作りこんでいるのはもちろん前提です。

しかし、特にブログ開設当初はタイトルだけではなかなか読まれないもの




使えるものは全部使って、ちょっとゲスくてもいいじゃない

ブログのアクセスを伸ばして、楽しくブログ運営を続けていきましょう