TOEIC955点スキーヤーサトシ

「英語を話す日本人」を生み出すための文法書

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:otamaki:20171116031355j:plain


英語を話す日本人を生み出すために作られた文法書をしっていますか?


この文法書に出会えば、今後あなたが英語のために文法書を買うことはありませんよ。(たぶん)

文法が苦手な人が多い日本


「文法」って聞くと「ちょっと苦手だなぁ」っていう方、多いんではないでしょうか。


みなさんはいかがですか。


今ではTOEIC955点を持っている僕も、以前は文法が苦手でした。今でも文法がむちゃくちゃ得意なわけではないんですけど、まぁ大多数の人よりはマシでしょう。


僕がTOEICの勉強を始めたばかりの頃は、文法をどうやって勉強すればいいのか。どの参考書を使うのが一番効率がいいのか。常に迷いを抱えていました。


1つの文法書を信じられず、いろいろな文法書を買っては違う文法書に浮気をして、を繰り返してました。


勉強で一番つらい時間は、点数が伸びない時間でもなければ、勉強している時間がつらいわけでもないんです。それは、「自分のやっていることが正しいと思えず、迷いを抱えて勉強している」時間がつらいんです。

TOEIC955点の僕が使っていた文法書の紹介


きょうは僕がTOEIC500~600点台に出会って955点を取るまで使い続け、「ほかの文法書はもういらんわ!」と思えた最高の文法書をご紹介


この文法書を使って、迷いをなくしてみてください。その文法書は「一億人の英文法」です


「ハートで感じる英文法」というテレビ番組、文法書でおなじみの大西泰斗先生の本なので、ご存知の方もいるかもしれません。


この本は「英語を話す」ために作られた文法書で、「英語を話す日本人」を生み出すために書かれました。


そのため、「一億人の英文法」は従来の文法書にはない8つのポイントを持っています。

従来の文法書にはない8つのポイント

8つのポイント

①特殊な文法用語からの解放
②文を作るための簡単な原則を解説
③読み進めやすい物語的な文法書
④すべての形に心を通わせて
⑤すべての表現に意識を通わせた
⑥みんなの「なぜ」に答えた
⑦実用に役立つ例文
⑧イメージが湧きやすいイラストの多様

この8つのポイントは、これまでありそうでなかった革新的なものなんです。


「英語を話す」ために必要な要素を抑えながら、大西先生の語り口調で進んでいくレッスンはとても取り組み安くできています。


英語を話すための文法書なので、しっかり取り組めばもちろん英語力がついてTOEICの点数もアップします。


TOEICの勉強法に迷いを抱えている方は、人生で最後の文法書として「一億人の英文法」を使ってみてください。