TOEIC955点スキーヤーサトシ

【小銭が落ちない!!】LITSTA(リティスタ)の革コインケースが使いやすい!!

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:otamaki:20170808211038j:plain



みなさん、お札と小銭は分けてますか?


僕は、お札とカードを入れる財布と、小銭を入れる財布を分けています。




トップの画像は「LITSA(リティスタ)」というブランドのコインウォレット(小銭入れ)で

小銭が綺麗に整頓できる、お洒落な革の小銭入れなんです。




革の色や風合いがメチャクチャお洒落で、使いやすいこのリティスタのコインウォレットを皆さんにもご紹介させていただきます!!


なぜ、コインケース(小銭入れ)を持ちはじめたのか


そもそも、小銭入れを持っていない人もいますよね。もともと僕も、1つのお財布にお札も小銭も全部入れていました。




お札と小銭が1つの財布に入っていても、全く生活には問題ないです。問題ないんですが、唯一僕が1つ気にしていたのは小銭が入ったときの財布がパンパンになってしまっていたこと。



パンパンのお財布って見栄えが悪いし、なんだか整理整頓もできてない感じ。なんとか財布を綺麗に保てないかなぁ、と考えているときに、小銭入れを買ってみることにしたんです。





でも実は、小銭入れとお札入れを分けることを自分一人で思いついたわけじゃなく

お財布がパンパンでダサいなぁ、と思っているときにちょうどこんな本を読みました。




この本の中では


・稼ぐ人は、長財布

・お金持ちはお札と小銭を分ける




と書かれていました。

稼ぐ人は長財布とか、お札と小銭を分けるとか正直オカルトっぽいですが、財布がパンパンで悩んでいたのもあったので試しに小銭入れを買ってみることにしてみた。



というのがそもそも僕が小銭入れを持ち始めた経緯です。





LITSTA(リティスタ)のコインホルダーってどんなもの?


LITSTA(リティスタ)というブランドと、生み出されたお洒落なコインホルダーをご紹介します



LITSTA(リティスタ)とは

ブランド名は、「Life Is The Stage To Act(人生は演劇の舞台である)」の頭文字から。その言葉通り、「自分達のステージを最大限に愉しみながら作った作品で、多くの人の舞台をより素敵に彩りたい」という想いが込められている<引用:【LITSTA】Coin Wallet 2 | 藤巻百貨店>


Life is the stage to act

ってメチャクチャかっこよくないですか!?



このコインウォレットは、僕の人生という演劇の舞台を彩ってくれています。なんていうと野暮ったいですが、「支払いのシーン」の時は、このお財布を出して小銭をスマートに支払うのが毎回楽しくて仕方ないですね!!





「LITSTA」は皮革素材に魅せられたというデザイナーの佐藤祐樹氏、ディレクターの木村由香里氏が2010年にスタートさせた。アトリエは、かつて伝統工芸職人の街だった東京・御徒町を、時代に合ったものづくりの街にしようと生まれた話題の施設の一角にある。<引用:【LITSTA】Coin Wallet 2 | 藤巻百貨店>

革製品を愛した佐藤さんというデザイナーさんと、木村さんという2人でスタートさせたブランドらしいです。

東京ということなので、お店に行ったことはありませんがぜひ一度行ってみたいですね。





LITSTA(リティスタ)小銭ホルダーの特徴


小銭入れなんて、ガマ口のでいいよ。なんていう人がいたら、LITSTAの良さを小一時間聞かせてやりたいぜ




f:id:otamaki:20170808215441j:plain

500円、100円、50円、10円玉がきれいに収まります。








f:id:otamaki:20170808215633j:plain

下に向けてもコインは落ちません。これがすごい!

でも取り出すときは、かるーい力でピッと引っ張ればすぐに取り出せます。使い勝手は最高










f:id:otamaki:20170808215742j:plain

サイズ感はほぼiphone5sと同じ。iphone7よりも小さなiphone5なのでメンズであればズボンのお尻ポケットにもスポット入ります。









f:id:otamaki:20170808220022j:plain

薄さはこんな感じ。iphone5sの2.5倍くらいかな。すこーし分厚いような感じもしますが、全体のサイズ感が小ぶりなので厚さは使っていても問題感じません!







財布としても使えるよ

僕のスタイルはお札入れ&小銭入れの2つ持ち。でも、この小さなコインホルダーだけでもお財布機能を果たしますよ


f:id:otamaki:20170808220715j:plain


・お札も入れられる(僕は入れないけど)

・カードも入れられる(クレジットカード2枚くらいなら入ります)






LITSTA(リティスタ)のコインホルダーのメリット


・革の財布を持っているオレカッコいいと思える

・オシャレ(彼女からも好評)

・小銭の残額が把握しやすい

・お会計でちょうど支払いやすい





LITSTA(リティスタ)のコインホルダーのデメリット


・特になし

・財布を2つに分けるのが面倒な人には向いていない






お札入れと小銭入れの二刀流、正直使いづらくない?


二刀流使いづらくない?と聞かれることも結構ありますが・・・



意外と大丈夫です。お札用の財布と小銭入れ、二つを分けていますがパッと出かけるときは小銭入れだけ持っていきます。

小銭入れに入っているのは本当に小銭だけ


500円×5枚
100円×7枚
50円×7枚
10円×7枚


合計、3,620円



これだけ小銭入れに入っていれば、コンビニで何か買ったりカフェでコーヒー飲んだりするくらいなら問題なし。

お札入れを持っていくときは車に乗るときと、それなりにお金を使う時くらい。そういう場合は、ショルダーバッグとか小さめのカバンを持っていくのでこちらも万事OK!




さらに、「小銭は小銭」「お札はお札」としっかり分けて持っているという事実。

お財布もぱんぱんにならずきれいに使えているという事実があることで、





お金を大事にしている意識が生まれて、なんだか気持ちいいです。





この気持ちよさが、小銭れを使い始めて一番良かったことかも





LITSTA(リティスタ)のコインホルダーはオシャレでモテる!!


正確には、モテる・・・かもしれない。ですね(笑)



今僕は彼女がいるので、新しく彼女が出来たわけではないです。

でも、自分の彼が「お金やお財布に気を使っている」というのは彼女として嬉しいらしい。





「え、その小銭入れめっちゃおしゃれじゃない?!」とテンション上がって聞かれた時はうれしかったですね






まぁ、ボロボロのお財布がレシートや小銭でパンパンになってたりしたら彼女としても嫌ですもんね。

いやぁ、小銭入れを使い始めてよかった。






LITSTA(リティスタ)の革コインケースまとめ


LITSTA(リティスタ)の革コインケースはいかがでしたでしょうか。



小銭はきっちり整理できてスマートにお会計が出来るし、彼女にも見直されますw

お財布の二刀流は、やったことがないと「面倒くさそう」と思いますが、やってみると結構クセになりますよ。




女性ウケを狙っている男性、お財布を綺麗に使い続けたい方はLITSTA(リティスタ)のコインケース試してみてください