TOEIC955点スキーヤーサトシ

【小布施スラックラインワールドカップ】スラックラインを長野から日本へ!!

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、TOEIC955点スキーヤーのサトシです。

スラックラインというスポーツはご存知でしょうか??



スラックライン(英: slacklining)とは、ベルト状のラインを利用したスポーツの一種で、簡単に言うと、綱渡りである。スラックライン専用のラインが市販されており、幅2.5〜5cmで長さ20m前後のタイプが多く、テンションを張ったラインの上でバランス感覚や集中力などを鍛えることができる。用途によって種目が異なり、主にジャンプや宙返りなどのトリックを行う種目を【トリックライン】と呼び、近代スラックラインの代表的なスタイルである。 その他、従来の綱渡りのように純粋にライン上を歩くスタイルで距離を競うものを【ロングライン】。 高さを競うものを【ハイライン】と呼び、それらは水上で行う場合【ウォーターライン】と呼ばれる。全くテンションを張らずに乗る【ロデオライン】もある。 それらは明確なレギュレーションやルールはなくクロスオーバーした遊び方も存在する。<引用:Wikipedia
スラックライン - Wikipedia
>



この生まれて間もないスラックラインというスポーツですが、スラックラインを愛する人々が、長野県の小布施町で地道に活動を続けて、ついに2017年の9月に小布施町でワールドカップの開催にこぎつけました!!



決して大きくはない小布施町で、ワールドカップが開かれたということがまず素晴らしい!

そして、アスリートのパフォーマンスもむちゃくちゃ素晴らしかった。




では、その小布施町ワールドカップの様子をサトシ流にご紹介!!



小布施スラックラインワールドカップの会場紹介


f:id:otamaki:20170928234056j:plain

9月17日、18日、台風18号が訪れていましたが無事開催されました。





f:id:otamaki:20170928235614j:plain

レッドブルのスポンサーもついて盛り上がっております。




f:id:otamaki:20170928234145j:plain
お試し用スラックライン





f:id:otamaki:20170928234330j:plain
子供用の遊具も






f:id:otamaki:20170928234312j:plain
ターザン遊び遊具





f:id:otamaki:20170928234250j:plainf:id:otamaki:20170928234301j:plain
水も豊かな小布施の公園



f:id:otamaki:20170928234007j:plain
子供がキャッキャ遊ぶ噴水




f:id:otamaki:20170928233928j:plainf:id:otamaki:20170928233940j:plain
夢の蛇口。小布施のリンゴジュースがこれでもかと出てくる


小布施のリンゴジュース250円で飲み放題はとっても嬉しいんですが、2杯飲んだら味が濃すぎてもう飲めませんでした。

飲み放題で250円は安すぎだろうと思ったら、そんな秘密があったとは。。。






f:id:otamaki:20170928234157j:plainf:id:otamaki:20170928234206j:plain
スラックラインの大会前のアイスブレイクでマウンテンバイクのイベントも



いよいよスラックラインの試合開始

f:id:otamaki:20170928233956j:plain
出場選手の顔写真が載ったうちわ。仲良くなったおじさんにもらいました




f:id:otamaki:20170928234224j:plain
出場者のみなさん。いい顔してる





僕がカッコいいと思ったライダーの一人、ブラジルからの刺客!

結果的には彼は2位でした。サッカーのクリスティアーノ・ロナウドに似てていてめっちゃかっこいい。






もう一人は日本人の木下ハルキ選手!

彼は小布施が生んだスラックラインプリンス!世界ランクは1位!

今回は怪我を抱えながらも予選では、世界最高得点を記録!予選を断トツのトップで通過してきました。

今回のパフォーマンスも、怪我をしているのを感じさせないスムーズさ。最終の結果はミスが響き5位でしたが、基本のスタイルやスムーズさはやはり世界ランク1位を感じさせました。小布施のスラックラインプリンスの次回の大会に期待!







小布施スラックラインワールドカップ、優勝は・・・

f:id:otamaki:20170928234026j:plain
2位はブラジルからの刺客。1位は日本人の細江選手でした


1位は大技も決めてミスも少なかった細江選手。2位は、ルックスもスタイルもかっこいいブラジルからの刺客でした。

小布施出身のスラックラインプリンス木下ハルキ選手は5位でしたが、もうちょっと順位上でも良い出来だったよなぁー。まぁ落下ミスが多かったのか。






今回は、初の日本開催で優勝が日本人。

これから日本全国に向けてスラックラインを広めていくには上出来な大会だったんではないでしょうか。





僕がこうやって記事を書いたところで、それほど拡散力があるわけでもありませんが

スラックラインを知らない人に、少しでも伝わって、これがスラックライン普及のお手伝いにでもなればいいな!





ぜひこのワールドカップを足掛かりにして、日本にもっとスラックラインが広がっていけばいいですね!







では