TOEIC955点スキーヤーサトシ

【匿名でAmazon欲しいモノリストからモノが送られてきた】嬉しい~!!けど怖い~、けど嬉しい~!!

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、TOEIC955点スキーヤーのサトシです。



今日はまたしても、頼んだ覚えのないアマゾンさんからの贈り物がありました。






f:id:otamaki:20170806015129j:plain

えぇー、送り人名前書いてないやーん。ニックネームすら書いてないやーん。

こわー







僕が「こわー」と言ってしまうのは、こういう理由があります。。







これまでも2度、Amazon欲しいモノリストから僕の欲しいものを送っていただいたことがありました。

リア友/ブログ友達のKitarou君

贈り物は大量のカップヌードル。非常食と言いながら、半分くらいもう食べちゃったよ。



ブログ仲間のemiさん

ブログ仲間のemiさんから、ワイヤレスマウスをいただきました。ワイヤレスマウスめちゃくちゃ便利。

emiさん本当にありがとうございました。めちゃめちゃ使いやすい。






このお二人の時も、荷物が届いたときは「あれー、Amazonなんて頼んだかなー」って感じだったんですが、送り人のところにkitarouとかemiとか書いてあったので「あぁ、ブログ仲間が送ってくれたんだな!」と思えました。


しかし今回は、その送り人名が書かれていない・・・



えー、だれー。ねぇ、だれー(笑)


送り主様、プレゼント本当にありがとうございます。


怖い怖い言うてますが、実際そこまで怖がってないです。恐らく、ブログの読者さんだと思うので。ありがたいですね本当




送り主の方、もしもこの記事を読んでくださっていて


「私が送りましたよ」



と教えてくださるのがNGでなければ、ぜひご連絡ください!コメントでも、ツイッターでも構いません。

お礼を言わせていただきたいので!(無理にとは言いませんけどね!!)




本当にありがとうございました。



大人になってから読みたかった「モモ」を送っていただきました。


送っていただいた本がコチラ

f:id:otamaki:20170806024134j:plain





僕が幼いころ、小学校に入るか入らないかくらいの年だったと思う。

お母さんが寝る前に、僕とお姉ちゃんに毎晩読み聞かせてくれた。

6歳くらいの僕は、たぶん理解できていなかったんだろうけどなんだか思い出に残っている。




どこかのタイミングで読み直したいとは思いつつ、仕事で時間も取れないし。なんて先送りばかりしていました。


「仕事で時間が取れない」

これこそが、この「モモ」という本のテーマでもあります。

時間どろぼうと、ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語







時間貯蓄銀行と名乗る、灰色の男たちは人々に

「無駄な時間を貯蓄して利息を得ませんか」と説いて回り


・人と話す時間
・家族と過ごす時間
・ペットを散歩する時間


などの一見すると、人生に無駄な時間を貯蓄させる。

そうして貯蓄された時間を、灰色の男たちは灰色の煙のタバコに変えてしまい2度と返すことはない。



でも、人々はこれまで自分が持っていた”無駄な時間”を銀行に貯蓄してしまったため、仕事以外の時間を持てずあくせく働くしかなくなってしまう。

人々が失ったその時間をモモが取り返しに行く




という話なんですね。





現代に生きる僕たちも、一見無駄に見える時間を「2度と返済されない時間貯蓄銀行」に預けてしまい、本当の幸せを見失っていないだろうか。

そう問いかけられているような本です。(まだ全部よんでないけどねw)







生きる意味、人生の幸せというざっくりしたテーマを考えるキッカケが得られる本なのでぜひ読んでみてください。

僕はこれを読んで、ブログばっかり書く日常を反省して、彼女とゆっくり1時間くらい話をしました。



相手の顔と目を見てじっくり話したのはいつぶりだろう。とても幸せな時間でした。




本を送ってくださった方、お名前はわかりませんが本当にありがとうございました。

この記事を御礼に代えさせていただきます。


サトシ